So-net無料ブログ作成

大悪をこれば大善きたる~人の生きる道、経営者としての心構え [資金繰り 中小企業円滑化法案]

大悪をこれば大善きたる~人の生きる道、経営者としての心構え



GW突入です!何連休も取れている方はうらやましいです。私は3日と6日にお休みが取れそうです。ひょっとすると不動産の売買契約が入ってくることも予想されますが、それはそれで嬉しいことです。



昨日は午前中に福島から新規面談のお客様がいらっしゃいました。遠方はるばる当社まで来ていただき、充実した新規面談となりました。3.11以降の業績不振による資金繰りの悪化ですがきっと再生してみせます。



当社での支援も決定し満面の笑みでお帰り頂きました。一緒にがんばりましょう。5月の連休明けに福島へ出張です。



新規面談を終え、最寄駅JR千葉駅へ戻ってきたのが午後13:00過ぎ。いつものお気に入りの白味噌ラーメンを食べて満喫。北野武監督の最新映画「龍三と七人の子分たち」を見ようと映画館に行きました。



人人でごった返しており、なんと満席!さすがですね。千葉の映画館でも満席が出るのかと複雑な気持ちで帰宅・・・・そのままフィットネスジムへ行っていつもの居酒屋でといつものおっさんの休日となりました。



さて、大悪をこれば大善きたる、これは私の祖母の口癖。私が小学生の頃からなにか辛いことがあったときはこの言葉を思い出せと言われて育ちました。スーパーポジティブばあちゃんとでもいいましょうか・・・・なんてったってクヨクヨすること許さなかった人ですね。



そのDNAを受け継いでますから私も何があったって動じないし、まあいいかとサラッと流す癖があります。カーっと頭に血が登る、最近私も年をとって相手のささいな発言にムッとくることがあります。牛乳が足りないかな笑



会社は船、事業は航海とする例えば話がありますね。

船は乗組員(社員)がいなければ動かすことが出来ません。
また航海には行き先や目的が必要です。

船のオーナーは会社に例えれば(株主)であり、船長は経営者(社長)であるといえます。船長はオーナー(株主)から託された利益を上げるという目的を果たすべく、貿易をする相手や行き先を決め、それに必要な乗組員(社員)、燃料や食料、飲料(資金)、を確保して出航します。
無事に目的地に到着することは絶対条件であり、海流や浅瀬(事業環境や市場動向)などを熟知した上で最適なコースを選ばなければなりません。


燃料や食料・飲料などが途中で不足してしまうような事態があってはならず、天候の変化や事故・想定外の出来事など、刻々と変わる状況の変化に対して的確な判断とクルーへの指示も必要です。
また、たどり着いたときに船が損傷していたり、クルーを失っていたりしたのでは次の航海に支障が出るので、消耗を最低限に抑えなければなりません。



このように船や航海に例えてみると、会社や事業というものが、とてもよく似ていることが分かります。




だから当社アセットアシストコンサルタントのロゴマークは灯台をモチーフにしております。私の最強パワースポットでもある千葉県いすみ市にある太東灯台を参考にしております。灯台はGPS等の能力が上がっている現代でも必要なものだそうです。



皆さんの会社を船に例えて当社アセットアシストコンサルタントを灯台と例える。航海は危険がつきもの。突然の横波を受ける、燃料が無くなる、航海士さんが突然病気に襲われる、そんな時にこの灯台を目指してオールで漕いででも到達して欲しい。そんな思いから灯台を当社のエンブレムマークとしました。



到着してすぐに船の修理をする?しません。航海士さんを病院へ運んで不測の事態に対応したあとはこの灯台の麓でゆっくりと休憩してください。そんな意味合いを込めております。



船の修理はいつだってできます。でも社長さんである船長さんの必要以上のストレスって今回復させないと大変ですよね。



どこからだって這い上がりましょう。今日はこの辺で。
カバー/銀行から融資.jpg
yjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

資金繰り悪化の原因とは [任意売却]

資金繰り悪化の原因とは



各会社によって、資金繰りが悪化する原因は異なりますが、
主に次のような事項が該当すると思います。




・売上高の減少
・売掛金の回収が遅れている
・無駄な在庫を抱えている
・費用対効果に合わない設備投資
・借入金の返済




また売上高が順調に推移されていても、
資金繰りに困窮している会社は数多く存在します。
つまり「勘定合って銭足らず」の状態を意味します。


よく拝見するパターンで、
資金繰りが悪化している際に、その補填として新たに借入れを
起こしてしまう傾向がございます。



これは一時的な処置であって、
残念ながら根本にある問題解決には至っておりません。
この方法を繰り返すと、利息の支払が重ねて発生するため、
更に悪化を助長させることとなってしまいます。



中小企業の資金繰りが悪化する原因は、
上述のような間違った財務施策によるところが非常に多いという点です。

そして、共通して「計画性」に欠如している経営をされていることが、
売掛金の回収スケジュールや在庫管理等の様々な面から伺えます。




毎度のことになりますが、お客様と金融機関に同行した際も、
担当者の方から
「実行可能な経営計画について細心の注意を払うよう」
と指摘されるお姿を幾度も目にしております。



どうか、この機会に自社の資金繰りを見直して頂き、
現在抱えている問題を一つずつクリアするよう努めて下さい。



資金繰りは会社が稼動している以上、止まることはございません。
何かしら常にお金は動いておりますので、計画的に迅速な対応を
心掛けて頂ければと存じます。
カバー/銀行から融資.jpg
yjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

リースバックを甘く見ないで [資金繰り 中小企業円滑化法案]

リースバックを甘く見ないで



こんにちは。金曜日は港区内のマンションの任意売却のお引渡しがございました。競売開始決定からの見事な復活!ご関係者の皆さん、大変にお疲れ様でした。



素敵なタワーマンションでした。お身内のご協力によってリースバックでのお取引となりました。



債権者の担当者さんも交渉の結果、リースバックに非常に協力的にご対応頂きました。

当社もご相談件数の増加に伴い地方出張についても増えてきておりますが、なんとか乗り切ろうと思います。



さて、ここのところ一般の方の任意売却のご相談で増加しているのはリースバックです。その中でも顕著なのが、一度リースバックで取引をしたんだけれどもその不動産投資会社や投資家さんとのトラブル相談が急増しております。



一時的に所有者となってくださる投資会社や投資家さんとの綿密な事前打ち合わせがされないうちにトントン拍子に話を進めてしまうことが原因のようです。



圧倒的に多いのが、突然に売却を迫られるケース・・・というよりそのような契約でリースバックをしてしまっていることが原因なんですけどね。債務者であり所有者である時は、一日でも早く任意売却を成功させ新しい生活を始めたい!と思うのが普通です。



そんな状況ですからなかなか冷静な判断が出来ずに地獄のリースバックスキームを選択してしまうことが多いようです。特に気をつけなければならないのは、所有期間が三か月~半年と短いパターンでのリースバックです。



当然にこのような短いスパンでのリースバックを選択される際には、三か月後にどうするのか?というところまでを決定してから選択するべきです。退去するのか、買い戻すのか等。買い戻すのであればお知り合いのどなたがお金を用意するのか、どなたかが住宅ローンを組めるのか?



そこまでの準備をしていないと、突然に投資家が売却を迫ってきた!と勘違いしてしまいます。単なる不動産業者の金儲けの道具にされて終わり・・・では悔しくて夜も眠れませんよね?



当社でご紹介している不動産投資家さんや不動産投資会社さんは当社の事業再生・任意売却の理念に共感してくださっている方々です。ですから保有期間も年間単位での保有が可能です。



リースバックをご検討の際には、是非、当社にもご相談を。今日はこの辺で。
カバー/銀行から融資.jpg
yjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

借金を無くすより、仕事と、生活と、収入を守る事を優先して考える [東京資金繰りコンサルタント]

借金を無くすより、仕事と、生活と、収入を守る事を優先して考える




再生を阻害する要因としての代表者個人の連帯保証についての見直しについて国として検討が進められています。

例えば、会社であれ、個人であれ、同時であれ破産の時に今の法規では、手元に100万円を残す程度の事しか出来ません。現在の自宅がそのまま残せる可能性は少ない。

これは、会社が事業停止で破産した場合、代表者個人の連帯保証があるので、結局代表者個人の資産は精算財産として処分換金して返済に回されます。

しかし、今、手元資金400万円まで、自宅は華美でないものであれば処分しなくても良い。とする内容が検討されています。

ただ、これも法制化されている訳ではないので、運用としては努力目標のようになっていますから、あまり期待出来ない内容のような気がします。




アセットアシストの私達は、この再生法規としての破産には、独自の信念と見解があります。




これは、チームを組んでいる弁護士の先生方とも見解の違いがあることなのです。

『破産の費用と、破産した後のその人の生活をどう考えるのか』と言うことです。例えばこんな会話です。




弁「そんなに大変な状況であれば、破産したほうがいい。そして、就職を探したほうがいいと思いますよ。どっか働き口が見つかるかもしれません。」

私「借金の事から解放されるだけなら、そうでしょう。でも、その後どうやって収入を得て生きていくのですか?無責任に仕事を見つけなさいと投げてしまって良いものでしょうか?借金を無くすことだけが目的ではなく、今と今後の生活を考える必要があるのではないですか」

弁「そこまでは、面倒を見る範疇でなく、個人の努力でしょう」

私「発想を逆転させてください。生きる事が優先で、借金を無くすことはその次の対処でしかないと」

弁「借金で苦しみを続けさせても良いと考えているのですか?」

私「生きる為に仕事と収入があれば、返済は、その中で返済していけます。生きていくための収入の確保が優先という事です。借金は借金として返済する意志をもちながら誠実に対応していくという対処もあるでしょう」

弁「その方が厳しい生き方になりませんか」

私「そうかもしれません、しかし、生活と収入を確保してから、借金に対処していくという方が良いという考え方を我々はもっています。」

社長「借金を踏み倒そうとは思っていないのです。まずは、家族と従業員の生活が第一で、私ももう60歳が近いです。これから就職を探すといのも現実的ではないし、この仕事を続けて収入を得る事で何が出来るかを考える方が現実的だと思っています。その後に借金に対してどう向き合っていくかを考えたいと思っています。借金が無くなれば、後の仕事や収入、生活は努力次第と言われても、それは法律の先生だからこその考え方で、私には現実的ではないと思います。」

といったやり取りがあります。




破産は、借金は無くなるけども、家も資産も無くなります。

また、金融機関の借金が無くなるだけではく、破産を申請してしまえば、その後の仕入れ先や、外注先への支払いもしたくても支払う事が許されません。つまり、同じ業界で仕事をやり直そうとした時に業界内の人達に対しても法的に支払いをしないと突きつける事態を招きますから、再び仕事を始めた時の協力が得にくいのが現実。

破産の費用も、会社や個人に資産があれば、同時に行ったとしたら管財人の換価処分による弁済がありますから、その費用も400万は見ておいた方がいいでしょう。

資産が何もないとしても100万円はかかるでしょう。

その費用が捻出出来るのであれば、仕入れ先や外注先、従業員の給与や退職金に充てたいと思う経営者も多いでしょう。

破産は最終的な方法として考え、自主再生の最後の手段として取る方法としておく。破産の前に、私達の独自の自主再生ノウハウをまず活用して貰いたいと思います。
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
yjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

生きる [住宅ローンが払えない場合]

こんにちは。



さて、当社で1月に出版させて頂きました銀行から融資を受ける前に読む、好調です。続々と全国からご相談者が来社されております。来社される方々の共通点は、皆さん揃って「もっと早くご相談していればよかった」ということを口にします。





我慢して我慢してやっと東京まで来られた社長さんたちの本音の意見です。当社で行うコンサルは決してミラクル的なことを行うわけではありません。税金を軽減できるスーパーショットをお教えするわけでもありません。



どちらかと言えば社長さんと社員さんの本音を聞いてそれを成就させるためには、当社で何ができるだろうか・・・・を一緒に考える会社だと思ってください。しかしなが当社で絶対譲れないのは、社長さんの資産を守る会社ではないこと。ここは勘違いしないでください。



あなたが作った会社、もしくはお父さんおじいさんから受け継いだ会社、売上が立ってて且つ返済に困っている状況であればどこからだって這い上がりましょう!をお手伝いする会社です。家族の問題、取引先からの督促、全部一緒に解決しましょう。



ただ、逃げることだけを考えている方が稀にいらっしゃいます。逃亡のお手伝いは当社はしません。逃げるなら勝手にどうぞ。





いつでも悪知恵にアンテナをはっているダメな社長さんと逃げることを前提に日々生きているそこのあなたのお手伝いはしません。



正面切って一緒に生きていく術を考えませんか?



当社のコンサルタント料についてのご質問がここのところ増えております。当社はコンサルタント料については、いきなり100万円~300万円を徴収するコンサルタント会社ではありません。平均で10万円~30万円が相場です。



会社の残高にお金がゼロであれば頂かない月もあります。一緒に生きましょう。
yjimage[1].jpgカバー/銀行から融資.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

大手に不動産の売却を依頼すると損をする?答えはNOです。 [住宅ローンが払えない場合]

こんにちは。春らしい感じの穏やかな朝ですね。千葉市上空は雲がかかってますが、日差しが時より眩しいです。昨日は久々に朝からジムへ行くことができました。朝に行けたのはほぼ半年ぶりです。



意外と空いているかな?と期待して行きましたが、朝から高齢の方がわんさかで非常に活気がありました。足腰に負担の少ないプールエリアは人でいっぱいでした。黙々と泳ぐ人(意外と高齢者の方は水泳が上手な方が多いですね)、水中でのエアロビ体操のプログラムに参加する人など朝から皆さん元気です。



私も非常に体格がいい方なので、そろそろ本格的にダイエットをしないといけません、また若い頃から吸っているタバコともそろそろ縁を切ろうかなとも考えております。私の周りでも同年代の人間が禁煙に成功していることもあってか私も真剣に考えなければいけませんね。



さて、先日にYAHOOトピックスで不動産業界の物件囲い込みのニュースが取り扱われておりました。詳細はこちらで。http://news.yahoo.co.jp/pickup/6156365

簡単に言ってしまうと、オーナーさんから売却の依頼を受けている担当者が自分で買主も見つけたいために、他社からの案内要請を意図的に断ることが横行しているという記事でした。このデータベースを作成した方はよほど嫌な思いをしたのか恨みがあるのか真意のほどは定かではありません。



大手に不動産の売却を依頼すると損をする?答えはNOです。地元の商店街にある不動産屋さんに依頼すると売れる?答えはNOです。全て担当者、そしてオーナーさんの運次第です。大手の囲い込みは問題か?度が過ぎるものは論外ですが、それはそれで担当者の士気を高めるためにも必要なことだと思います。所属する会社のノルマや雰囲気などで他社に案内をさせると灰皿が飛んでくる会社もあるとか。営業さんって大変です。



恐ろしいのはこういう記事を見て、不動産オーナーさんに必要以上に空気が入ってしまうこと。私は案件豊富な大手から地元の不動産屋ま勤務した経験があります。たしかに大手の名刺を持っていると仕事がしやすかった印象はあります。ただポイントゲッターであるスーパーセールスマンは地元の不動産業者にだっているもんですよ。



やはり人です。この担当者なら売ってくれそうだ!そう感じる担当者にお任せしておけば問題ありません。ある種、囲い込みだっていい意味での作戦ですよ。





※おかげさまで、当社で出版させて頂きました「銀行から融資を受ける前に読む」好評を頂いております。当社は最初の新規面談時に面談料として税込30,000円を頂いております。その後、支援契約となりましたら毎月支援料を頂いております。支援料は会社さんによって異なります。

概ね10万円~50万円程度の会社さんが殆どです。
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

あきらめるのは早すぎる!どこからだって復活しましょう!再び生きると書いて再生です。 [任意売却]

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル

あきらめるのは早すぎる!どこからだって復活しましょう!再び生きると書いて再生です。





昨年は一年で23組の法人様、住宅ローンの返済にお困りの41名の方々と新規面談でお会いすることができました。今年も数多くの方々とお会いできることを目標に当社アセットアシスト流の中小企業事業再生、住宅ローン任意売却の確かな実務力を更に向上させる努力をして今年度も元気に精進していきます。



まだまだお金が潤滑油として皆様の会社に流入しているとは、到底思えません。だからと言って景気のせいにする、首相のせいにする、自民党のせいにする時代はもう終わりました。



会社の経営は本当に難しい、金を稼ぐことと会社を経営することは別物・・・・と私は考えます。それぞれの会社の本軸となる事業で売上をあげる方法を知っているのは社長さん。その売上げたマネーをどう支払って生かしていくかをご提示するのは当社、だとお考え下さい。



耐える経営の時代はもう終わりました。これからは逃げない経営、耐えたって苦しいだけです。我々と一緒に逃げない経営を実現しましょう。



今年も数多くの社長さんや不動産オーナーさんにお会いすることを楽しみにしております。
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

支払えなくて命を絶とうなんて思うなら、無理して支払わなくていいんです!その代りに、その後どうしていくかを真剣に考えましょう! [中小企業悩み相談]

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル



支払えなくて命を絶とうなんて思うなら、無理して支払わなくていいんです!その代りに、その後どうしていくかを真剣に考えましょう!



売上が減少し、売上を復活させる目途がたたない。それでも、時期によっては支払いが重なるもの。



仕入れ等の原価に相当する取引先への支払いで、支払い手形を使っていれば、その支払期日の到来月。そうでなくても、

仕入れの支払いが一番増える月があります。また、税金の支払い月であったり、社債の償還返済月であったりと厳しい時は

重なるものです。



そんな時にどうすればいいのか?一般的には、銀行等に融資を頼む等で、資金を借りてくる。という選択をするでしょう。ここが資金繰り悪化の入り口になる場合がほとんどです。借りるという選択肢を一回排除して考えてみましょう。



つまり、資金繰りの調整で各支払い先に優先順位を付けて返済を繰り延ばすことで対応が出来るかをシミュレーションしてみるのです。まずは、銀行等の元金の支払いです。2回までは延滞してもまあ、大丈夫でしょう。3回目に全額埋められればの話ですが。



それより、いっその事、抜本的な再建を目指して、収益を上げる見込みが立ち難いようでしたら、返済条件の変更を申し入れましょう。



仮に元金の返済を年1,000万円していたとしたら、1年間返済条件を変更して元金返済をなしとしたら、年1,000万円借り入れたのと同じ効果があります。また、トータル支出から考えると、一番コストがかからないのが、買掛先への支払いの繰り延べです。支払いサイトを延ばして貰うことが出来れば利息が付かずに、借入の効果を得られやすいです。



借入の効果というのは、支払い先に例えば1か月支払いを待って貰うということは、支払い先から1か月その金額を借り入れた事と同様の意味をもつことをいいます。ただし、仕入れ先等でその支払いをきちんとしなければ仕入れられなくなったりしたら事業が継続出来ないとなるのは本末転倒ですから、慎重に対処する必要があります。



この場面で、あえて今後の取引を現金取引や前払いに変える事で単価を下げた成功例もありますから、本当に慎重に対処

する必要があります。その次はコストがかかってくる調整ですが、税金の分納も一つの方法です。



それでも間に合わないようなら固定費の繰り延べ、それでも、どうしても間に合わないなら、人件費の繰り延べも視野にいれましょう。働いてお金を貰えないのはビジネスとしては最悪の状況ですから、人への支払いを最優先にしなければ、そのビジネスや会社そのものを見直さなくてなりません。事業継続の絶対のルールとしての支払い優先順位は、人⇒モノ⇒金です。



ですから、繰り延べ支払いや、止める順位は逆の金⇒人⇒モノになります。まずは、安易に借入をしようという感覚から抜け出る必要があります。



借入は、その資金が稼ぎ出すプランがあって前向きに借入を行うもの。その場をしのぐような後ろ向きな借入はなるべく止めたいものです。借りられるからといって無策に借入を増やせば、その先が厳しくなるのは当然の帰結。



資金がなければ無いなりのやり方があります。



お金の調達に頑張りすぎて要らぬ苦しみを背負っている経営者がまだまだいます。支払いが出来なければ、出来ないと言っていいんです。資金が無いのなら、支払わなくてもいいんです。その先にどうしていくかが重要なんです。頑張りすぎないでくださいね。弊社にご相談下さい。
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

始中終、信念捨てずして大難を通す、それこそが経営者、一家の主です [中小企業悩み相談]

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル

始中終、信念捨てずして大難を通す、それこそが経営者、一家の主です







昨日は横浜市内よりご自宅の任意売却を迫られている会社の社長さんがご来社されました。昨年から厳しい経営を続けてこられた社長さん。一念発起して当社で出版させて頂いた本をきっかけにお問い合わせ頂きました。



こんな再生手法があるんですね?その通りです!信念だけは捨てなかった!と自信を持って新規面談に来てくださった社長さん、その信念が今、実を結ぶ時です。





きっと成就します。当社での支援も決定し、今日から資料作りを始動させます。一緒に考えて一緒に乗り切りましょう。





さて、昨日は既に支援をさせて頂いている社長さんとの定期的な打ち合わせにも伺いました。3月の売上が大幅ダウンとのことで今月も含めて来月以降の資金繰りについて打ち合わせをさせて頂きました。



昨年も何度か売上ダウンの月がございましたが3月はそれらを大幅に下回るダウンです。この社長さんの業種としては突然の売上ダウンというものは常に背中合わせの業種なので仕方がないことでもあります。



それでも固定費は出て行く、リスケ中の金融機関の支払いはそう簡単には止められないですし止めても乗り切れない、社長さんや社員さんにも生活がありますよね?あなたならどうされますか?こんな状況でも社長さんの口からは一言もマイナス思考な発言は一切出てきません。



心配なのは当然のことですが、金融機関への返済、取引先への支払い、社員さんへの給与等、全体的なバランスを常に考えて打ち合わせは続きます。結論がどう出たかは、ここへは記述できませんが信念もって大難を乗り越えようとする社長さんならではの結論を出すことができたと思います。



乗り越えるための一番最初の一手を正確な角度で打ち出すことが重要です。その一手をどの駒にするか、どこへ打つかを一緒に考える、当社はそんなコンサルタント会社です。今日はこの辺で。
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

お墓参りと今の自分 [資金繰り 中小企業円滑化法案]

こんにちは。桜の満開が過ぎたと言うのに肌寒いですね。暑がりの私としては非常に心地よく感じますが。今日は統一地方選挙の投票日ですね。昨日は夜まで多くの候補者の方のお声を選挙カーのスピーカーを通して聞くことができました。



皆さん必死です。既に期日前投票を済ませている私ですが、決して投票をしてくださった有権者の方を裏切ることなく議員活動を全うしていただきたいと存じます。



当社で出版させていただいていおります、「融資を受ける前に読む」ですが非常に売れ行き好調でお問い合わせが後を絶ちません。既に20件以上の新規面談をさせて頂きました。今回はびっくりするくらいの大手の社長さん会長さんもお見えになられました。支援契約も続々と締結させて頂いております。



遥遥と遠方からお見えになってくださる。本当に嬉しいことです。何よりも今回の新規面談は充実したものになっております。社員さんへの感謝、役員さんへの感謝を忘れず、決して人のせいにせず、淡々とご経営されている会社の現状をお話くださる。そんな経営者の方が多いです。



金融機関への感謝とお詫び、買掛先への申し訳なさ、やはり当社を訪問してくださる社長さんの気持ちは一味違う方が来てくださるのかな?そんな風にも思えます。



でも人への感謝って本当に大事なことです。これが全てだと私は思います。





私は、月に4回以上お墓参りに行きます。既に他界している祖父、祖母、若くして亡くなった母親の供養のため。若い頃は若気の至りで迷惑しか掛けていなかった母親へ感謝の意味を込めてお墓掃除に行きます。



生かされている自分、結婚して幸せな生活を送っている妹の人生の向上、父親の健康を祈願するためです。何より、お墓に行くと落ち着きます。祖母や母親が生きているころは、よく一緒にお墓参りに行きました。



夏のお盆の時期に汗だくになった祖母が必死に草取りをして、お線香を炊き、必死に手を合わせていたあの後ろ姿を私は忘れない。だからこそ、同じことを私が今、祖母親にするのです。



人への感謝、大事です。逆に俺が俺が!っという人生を送ってしまっている方、ここらでちょっと休憩しませんか?



今日はこの辺で。
yjimage[1].jpgカバー/銀行から融資.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。