So-net無料ブログ作成
検索選択

仏間の遺影が語るとき [資金繰り 中小企業円滑化法案]

仏間の遺影が語るとき



こんにちは。本当に涼しい日と暑い日が交互にやってくる、そんな特徴ある梅雨ですね。梅雨の明けが本当に待ち遠しいと考えてしまう日々です。



日頃、一人で居酒屋で飲むことも大好きな私。昨日は久々に行きつけの昭和風の居酒屋へ行きました。意外にも空席が目立った昨晩の行きつけのお店。



3人組のサラリーマンが何やら熱く語っております。話の内容からしてすぐにわかりました。彼らは大手ハウスメーカーS社の社員。大阪に本社を置く、誰もが知っているハウスメーカーさんです。その3人が、同じく大手ハウスメーカーのD社の悪口を散々ぱら言っています。笑



業界の人間でなくてもその会話を聞いていれば詳細がわかってしまうほどの会話でした。もしここにD社の社員がいたら・・・・きっとつまらないお酒を飲むことになったでしょう。S社もD社も超大手、どこの酒の先にだって関係者がいるかもしれません。何よりそこのハウスメーカーで実際に家をたてたエンドユーザーさんがいるかもしれない。



そんなことを予測できずに酒に任せて他社批判では先が知れていますね。3人組さん、これからは気をつけましょう。



当社においては居酒屋や飲食店内で、支援している会社の話をすることを禁じております。理由はお察しの通り。どこに誰がいるかわからないからです。

例えば、地方の支援企業に最寄駅からタクシーで向かう場合。当社のスタッフはいたって無言です。もしこれから向かう支援企業のこれからのスキームや金融機関交渉の打ち合わせをしようものなら、運転手さんに全てがバレてしまうでしょう?



その運転手さんが社長さんの知り合いだったら?金融機関の銀行員の知り合いだったら?取引先の社長さんのお知り合いだったら?ゾッとしますね。



昨日は新規面談で女性の役員の方がご来社されました。詳細はここへ書く事を伏せますが、壮絶な人生を歩まれてきた方です。何とかして楽にしてあげて、会社の存続に力を貸してあげたい、面談後はそのように思いました。一緒にがんばりましょうね。



自宅の仏間には53歳にしてガンで亡くなってしまった母親の遺影とその一年後に大往生で私の母親を追うように亡くなった祖母の遺影が2つ並んでおります。昨日の夜は、「もっとやれるよね?」と後ろから背中を押されるような気がしました。



昨日の新規面談が非常に有意義で、なんとかしてあげたいと心のそこから感じる熱さが湧いてきたからかもしれません。



今日はこの辺で。
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

資金繰りで一人で悩んでいても何も始まりませんよ [東京資金繰りコンサルタント]

資金繰りで一人で悩んでいても何も始まりませんよ



こんにちは。今日は空がどっしりと重いですね。父の日です。昨日は仕事を終え、家族全員で一日早い父の日のお祝いをさせていただきました。焼肉店で思い切りビールを飲んで、肉を食べて、きっとよろこんでくれたと思います。



さて、ここのところ新規面談が続いております。全国の社長さんが当社のある秋葉原にお越しくださいます。100%言い切れることは、面談後にはホットされた表情で帰路についていただけること。顔の表情が、来社された時と違って笑顔になります。



資金繰りで悩む・・・一人で悩む・・・そんな社長さんがまずやってしまうこと、それは自分の役員報酬を減らす、もらわないという行為。常識を超える額の報酬をとっている社長さんについては簡単に減らすこともできますが。結果、社長さんご自身、ご家族は一般的な生活を営むことが厳しくなる。



もうひとつ、資金繰りに困っている社長さんがやってしまうこと。それは、友人知人からの借り入れを申し込むこと。返済をきちんとしていける返済元資があれば構わないのですが。無いから借りてしまうのですから、自動的にその友人知人への返済もできなくなるのです。



友人知人の方は金融機関ではありませんから、回収のルールを知らない方が多いことは一目瞭然です。夜討ち朝駆け、警察を呼ばなければいけないような事件に発展することだってありますよね。その友人知人が同じ業界で商いをされている方であれば、きっと悪い噂が走ります。



返済できないお金、返済するための元資が見えていないのであればその場しのぎの借り入れは絶対にやってはいけません。本当に。





じゃあどうするのか?資金繰り=止血をしましょうということです。何十年も経験されているベテラン経理さんでもなかなかできないことですよ。三ヶ月先、来月の月末、2週間後、明日の営業終了時点での残高と支払予定、入金予定を常に把握すること。



この常に把握することに意味があるのです。一緒にがんばりましょう。







※おかげさまで、多数の社長さんから新規面談のご予約を頂いております。今日現在で、今からお問い合わせをいただく方の新規面談は7月での手配となります。土曜、日曜、祭日の面談は対応させて頂いております。何卒、ご了承いただけますようお願い致します。



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

始中終、信念捨てずして大難を通す、それこそが経営者、一家の主です [東京資金繰りコンサルタント]

始中終、信念捨てずして大難を通す、それこそが経営者、一家の主です





リスケ(一定期間の利息払いのみの申請)を金融機関の担当者に申請したのに断られた。とお話される社長さんが非常に多いです。ここのところ新規面談でお会いさせて頂いた方では意外と多かったですね。



忙しい中、せっかくアポをとって言ったのに門前払いだった、こういう担当者はまだ数多いみたいですね。ただ詳細をお聞きしているうちに、訪問している社長さん側に準備ができていない方が多いのも事実。



直近の決算書を持参して、直近の試算表を持っていったのに門前払いだった。当然です。それだけではあなたの会社の今を把握することはがんばっても70%と言ったところです。



経理担当者を連れて行って、必死に今の状況を話してもらったのにダメでした。ダメでしょうね、資金繰りを普段から意識している経理担当者でないと経理の話しかできませんからね。



だからこそ、普段から資金繰りを意識した経理さんへなるための考え方にシフトチェンジして頂いて会社の今の状況を書面で作成できるスキルを身につける必要があるのです。



リスケ申請時も口頭で銀行の担当者にお話する時代はもう昔の話。今こうなんだ!、今これだけ資金が足りない!来月末はこれだけ厳しい!という状況を書面で提出しなければ門前払いを繰り返すだけです。



その先は、実際にお会いしてお話しましょう。

昨日は横浜市内よりご自宅の任意売却を迫られている会社の社長さんがご来社されました。昨年から厳しい経営を続けてこられた社長さん。一念発起して当社で出版させて頂いた本をきっかけにお問い合わせ頂きました。



こんな再生手法があるんですね?その通りです!信念だけは捨てなかった!と自信を持って新規面談に来てくださった社長さん、その信念が今、実を結ぶ時です。





きっと成就します。当社での支援も決定し、今日から資料作りを始動させます。一緒に考えて一緒に乗り切りましょう。





さて、昨日は既に支援をさせて頂いている社長さんとの定期的な打ち合わせにも伺いました。5月の売上が大幅ダウンとのことで今月も含めて来月以降の資金繰りについて打ち合わせをさせて頂きました。



昨年も何度か売上ダウンの月がございましたが5月はそれらを大幅に下回るダウンです。この社長さんの業種としては突然の売上ダウンというものは常に背中合わせの業種なので仕方がないことでもあります。



それでも固定費は出て行く、リスケ中の金融機関の支払いはそう簡単には止められないですし止めても乗り切れない、社長さんや社員さんにも生活がありますよね?あなたならどうされますか?こんな状況でも社長さんの口からは一言もマイナス思考な発言は一切出てきません。



心配なのは当然のことですが、金融機関への返済、取引先への支払い、社員さんへの給与等、全体的なバランスを常に考えて打ち合わせは続きます。結論がどう出たかは、ここへは記述できませんが信念もって大難を乗り越えようとする社長さんならではの結論を出すことができたと思います。



乗り越えるための一番最初の一手を正確な角度で打ち出すことが重要です。その一手をどの駒にするか、どこへ打つかを一緒に考える、当社はそんなコンサルタント会社です。今日はこの辺で。
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅