So-net無料ブログ作成
検索選択

資金繰りを制する者は会社経営を制す [東京資金繰りコンサルタント]

資金繰りを制する者は会社経営を制す



 こんにちは。昨日は東京などの関東圏も今年一番の暑さとなりました。今日も暑いですね。昨日は千葉県高校野球大会の決勝が行われ、専修大学松戸高校が甲子園初出場を決めました。私もテレビで見ていて、本当に感動しました。



おしくも敗れてしまった習志野高校に身内がおりますので習志野に勝ってもらいたかったですが勝負の世界、甲子園出場を決めた専修大学松戸高校にはがんばっていただきたいです。



決勝戦が終わり、千葉市内の先祖のお墓参りに行きました。ここのところカンカン照りが続いていたので、墓地内に植えている草花に水をあげることが目的です。樒(しきみ)という綺麗な緑の葉っぱを一年中つけている香木です。



基本的には非常に強い木なので、水を意識的にあげなくても良いのですが、さすがのこのカンカン照りですと心配になります。ものすごく元気でしたけどね。



この暑さで霊園内には私しかおりませんでしたが、お盆の季節になりますと賑やかになります。



さて、資金繰りの状況について皆さんいかがでしょうか。資金繰りが苦しいと当社を訪れる社長さんが後を絶ちませんが、ご来社される社長さんの中で圧倒的に多いのが入金と支払いが集中する月末だけで資金繰りを組もうとしている会社さんが非常に多いことに驚かされます。



つまり資金繰りの状況にフォーカスをあてるのが月末だけという会社さんが多いです。順調に売上を伸ばしていて、支払いに困っていない会社さんであればこれで大丈夫なのですが。



資金繰りのパズルを組み立てるとなると、組まずに月末を迎えた時点で既にゲームオーバーです。手書きの帳簿に綺麗に細く現金出納を記載されている会社さん、多数いらっしゃいます。だけど、合計額が一週間に一度しか計算されていない。非常に残念です。



資金繰りは遅くとも20日前に把握していなければなりません。社員さんの住民税の支払いを済ませたあたりから徐々に月末の支払いを管理していく。



月末の時点でいくら入金されて、いくら支払うのか、いくら残って来月の月中をショートさせずに管理するか。できていますか?



商店や飲食店をされている会社さんであれば、入金の予定は組みづらいと思いますが、それでも前年比、前月比の数字を仮で把握していくことも得策かと思います。



資金繰りを制する者は会社経営を制す、おわかり頂けますか? 売上を上げれば経営は成り立つということはもう立派な死語ですね。



今日はこの辺で。



代表取締役 野呂一哉 
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

根性ある人間とは [資金繰り 中小企業円滑化法案]

根性ある人間とは



こんにちは。昨日は蒸し暑かったですけど、カンカン照りではありませんでした。暑いですけどね。笑



専門的なお話が続いておりますので、今日は箸休めを。



私の会社の喫煙室はビルのベランダにあります。千代田区岩本町の柳原通りの一角です。ちょっとした裏道的な要素を持っておりますが、車の交通量は国道並みです。ヘビースモーカーである私は会社で事務作業をしていると20分に一度はお世話になる私のオアシス



夕方に決まって通り過ぎる一人の男性がおります。17:00過ぎになると必ず通り過ぎる男性です。



両手にはスキーヤーのように太い杖を持って、必死に歩いておそらく帰路を急いでいる様子。両足が相当に不自由なこの男性は、雨の日でもビルの壁に手をやって必死に前進します。



この男性には大変失礼ですが、もう見るのも気の毒なほどの情景です。雨の日でも雨合羽を着て必死に歩きます。素人考えですが、車椅子の方がいいのでは?と同情してしまうほどです。



結婚されているのか?生まれつきの障害なのか?年齢は?ご勤務先は?色々とお聞きしたいことがありますが。健常者として社会人でいられることの恩恵を改めて感謝したいです。



そして、この男性の姿を拝見するたびに、頭がさがります。仮にこの男性の運命を背負うのが私だったら・・・・・俺に同じことができるか?常に自分に投げかけます。

時々、都営新宿線の構内でお見かけすることがあるので、一度お話をさせていただければなあと思うのですが、その時が実現しますように。



この方の根性を見習うようにと常に思うのです。
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

リスケジュールがスタートではない [東京資金繰りコンサルタント]

リスケジュールがスタートではない



こんにちは。この二日間、非常に暑い日が続いております。今日も暑いですね!土日で久々に信州方面へ出張させていただきました。長野県松本市内の企業と支援契約を締結させていただきました。



久々に新宿から特急あずさに乗って松本駅を目指します。大学時代の友人が上諏訪にその昔住んでいたので20代の頃はよくこれに乗って遊びにいったものです。

このあずさからの景色は本当に見事ですよね。山アリ、綺麗な川あり、本当に綺麗です。土曜の夜は松本駅前の宿をとりましたが、街中に若者が非常に多く繰り出しており、信州の繁華街のパワーを感じました。



正直、私が住んでいる千葉より活気がありましたね。



ここのところ、新規面談と支援契約が交互に続いておりますが、意外とリスケジュール(期間限定で利息のみの支払いにする)を申請されていない会社さんが多いことに驚かせられます。



会社が経営を継続するにあたり、一番大事なことは継続的に売上を上げ続けることと、入ってきたお金をどう使うかを考えて実行することです。このうちの何れかが、今現在は実行することができていない企業さんが当社へお問い合わせを頂けるという形です。



熟練したベテランの経理さんであっても、有名税理士事務所の税理士さんであっても当社が推奨する資金繰りを実行できる方はいません。なぜか?答えは簡単、簿記のマニュアルにも税務のマニュアルにも書いていないことだからです。

どれだけお金がかけられている会計ソフトであっても無理でしょう。



資金繰りは覚えようと思えばできます。おそらく小学生の高学年の子だってできると思います。ただ、この資金繰りを覚えて会社の資金繰り強化を実現したい!という強い気持ちがなければ、無理ですね。



最近の傾向として、リスケを断れましたというお問い合わせが非常に多いです。非常に。これはこれで原因があります。金融機関の担当者だってサラリーマンです。リスケをお願いしたいという、あなた様の依頼に対して、受けてしまえばその担当者が自分で稟議を書かなければなりません。



それは紙っぺら一枚の世界ではありません。直近の数字のエビデンスを利用して稟議書を書かなければなりません。その担当者が、その時別の案件で非常に忙しい立場にいたらならば・・・・・そんなことはできませんと言われてしまうでしょうね。



その稟議書に変わる経営改善計画書を作成するのが当社の役目。もちろん一緒に金融機関も回らせて頂きます。リスケが完了したあとも、貴社の資金繰りの管理を経理さんと一緒にやらせて頂きます。



リスケがスタートではありません。リスケが完了して、当社が推奨する資金繰り管理が始まってようやくスタートですね。一緒にがんばりましょう。



今日はこの辺で



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

全ては社長さんの目が語る、新規面談で勝負が決まる [東京資金繰りコンサルタント]

全ては社長さんの目が語る、新規面談で勝負が決まる



こんにちは。雨が続いておりますね、夏の水不足回避のためです、我慢しましょう。雨の中でも綺麗に咲いている紫陽花は今が旬です、お近くの紫陽花に目を向けてみてください。



さあ、ここのところ本当に忙しくやらせて頂いております。一都三県をはじめ、飛行機や新幹線、特急に乗って当社のある秋葉原まで全国の社長さんにご来社頂いております。この1週間でも多数の社長さんにご来社いただきました、お疲れ様でした。



これだけ数多くの新規面談を担当していると、根拠のない実感が自然と読み取れる時があります。この社長さんの会社ならきっとうまく事業再生ができるだろうな、実際に会社へ訪問させて頂いて再生事業に取り組むと幾つかのハードルは当然にありますが、結果的に良い方向へ行くものです。



逆に、この社長さんは飛行機でわざわざ秋葉原へご来社いただいたのに、一体何をしに来たのだろうと非常に残念な気持ちになる方もいます。理由は簡単、自分のことだけしか考えていない方。新規面談中にこの野呂と一切目を合わせることができない方でしょうか。別に睨みつけているわけではないんですけどね笑



相当な確率でこういった社長さんの事業再生はうまくいきません、というより殆どが当社よりお断りさせて頂きまして支援契約に至りません。



目は口ほどに物を言う、どなたが考えた言葉か定かではありませんが、まさにその通り。



大学生の頃、就職活動中に面接は最初の3秒で決まる!などと大学就活専門アドバイザーが偉そうに話しているのを聞いて、何言ってんだ?こいつは?と笑っていたものでしたが。あくまでも学生時代の話ですよ。



今ではまさにその通りだと実感しております。まあ、就活のお話はちょっと置いておいて、当社の新規面談はご来社頂く社長さんが、本当に自分の会社をアセットアシストコンサルタントに任せても大丈夫かという審査をしていただく場でもあると考えます。



逆に当方は、当社のコンサルタント事業に相応しい社長さんであるかの審査をします。そう、社長さんの目が語るもの、それを審査しています。強気ですよ、うちは。



だから新規面談ではかっこつけずに、全部をお話頂きたい。今まで間違っていたと思うことはこれから修正していけばいいのです。手遅れなんてことはありません。



当社の新規面談は非常にリラックスした状態で始まり、終始和やかムードで終了します。だから、難しいことは何も考えずに、そのままの社長さんでご来社ください。



今日はこの辺で。





※おかげさまで、新規面談が集中しております。7月に入りましても、ご希望の日時でご予約が取れない状況であることを深くお詫び申し上げます。

土日祝日を利用して対応させていただいておりますので、どうぞよろしくお願い致します。



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

備えるは、冷静さと慈悲~平成27年7月4日 [資金繰り 中小企業円滑化法案]

備えるは、冷静さと慈悲~平成27年7月4日



こんにちは。梅雨空が続いております。なんとも暗い気持ちになりますが、夏の水不足を考えるとこれが日本の7月上旬で当たり前、という考え方もあります。

この梅雨時季が稼ぎ時という方は、精一杯やられていると思います。思いつくのは傘、雨合羽、レインコート 防水スプレー、といったところでしょうか。



昨日は東京小川町の支援先にて会計処理の作業をさせていただきました。当社の本にもご紹介させて頂いている会社さんですので、このブログにも書かせて頂いた事が何度かございます。



番組制作会社である支援先です。ガイアの夜明けや情熱大陸、ミスターサンデー、ニュースZERO、夢の扉、NHKのドキュメンタリー全般等、錚々たる番組の制作をしている会社さんです。



当社ホームページにも社長さんに出ていただいております。比較的、毎日の現預金の動きが多く、私も週に2回ほど経理マンとして行かせて頂いております。



昨日は土曜日でしたが、この会社に休日はありません。祝祭日だって夜中中、スタッフさんが編集作業に集中して皆さん頑張っておられます。今はちょうど8月の大型番組の制作の最中で、詳細はここへは書けませんが、今から楽しみです。



時期が来たら、このブログでもアナウンスさせて頂きます。



小川町での経理作業を終えて、京葉道路を飛ばし自宅のある千葉方面へ。小学校の同級生のお墓参りに出かけました。毎月一度は訪れている場所です。お寺の一角にある墓地です。



22才という若さでこの世を去った友達です。私とは違って頭がよく、千葉県内でも有名な進学校へ進学しました。幼い頃より両足に障害があり小学校入学前に大手術をしてなんとか克服しました。しかしながら、体内にも障害があり、22歳でその体が悲鳴をあげました。



今思い出しても正義感が強い奴で、優しい奴でしたね。



皮肉にもまだまだ新しい墓石に水をこれでもかというくらい掛けて、線香を手向けます。俺に乗り移っておまえの頭をくれ!と行くたんびに祈ります。



母親を早い時期に亡くしたせいもあり、母親のお墓参りには月に2~3度出かけます。出向くと自然と嫌なことを忘れます。ひょっとしたら最強のパワースポットなのかもしれません。



生かされていることに常に感謝です。今日はこの辺で。
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
タグ:事業再生
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

その借り入れは返せますか? [中小企業悩み相談]

その借り入れは返せますか?



こんにちは。当社で出版させて頂きました、銀行から融資を受ける前に読む、好調です。本当にありがとうございます。



昨日の雨はすごかったですね。私が住む千葉市は至るところで冠水が発生しました。昨日は朝から馬喰町の銀行へお客様と返済の交渉へ出向きました。結果は大成功です。当社が作成した経営改善計画書で当社の支援先の再リスケが承認されました。本当に良かったです。



ここのところ、融資を受ける予定があるんですが、今の資金繰り状態で本当に借りてもいいのか?というお問い合わせが増えております。金融機関もある程度はお金を出すようになっております。



しかし。この情勢に安易に乗ってしまうのは危険です。お話を詰めていくとその資金調達が遠まわしに納税や支払いのためのものだとわかります。そんな融資は受けるべきではない、私はそう思います。



うちの経理はベテランで会計ソフトにも精通しているから大丈夫だと、資金繰りの徹底を自慢する社長さんが非常に多いですね。そこが落とし穴であることを今日は何度もお話したいです。



経理業務と資金繰りを作業というものは全く別物です。これだけは言っておきます。



この資金繰り作業を網羅している経理担当者さんは今まで私が見た中でたった一人です。それだけ常に皆さんが意識していない分野ですね。



ご心配な方は一度、ご来社ください。

昨日だけで5件の新規面談のご予約を頂きました。誠にありがとうございます。当社の支援先の社長さんで、当社と出会って自殺を思いとどまりましたって社長さん、いらっしゃるんです。それだけで、嬉しいです。



だから、運良く当社の本に巡りあった方々は死ぬ前に野呂と大森と一回だけお話しましょう。





とある社長さんである方が借金苦で電車に飛び込んで亡くなりました。今、その奥さんが社長さんをされてます。当社のコンサルでなんとかがんばって生きてらっしゃます。障害を生まれつきもってらっしゃるお子さんと懸命に生きてらっしゃいます。



電車に飛び込んだって、高額な億単位の請求がご遺族に行くだけ・・・・本当の話。



だから、一緒にもういっかい生きる(再生と書いて再び生きる) 一緒にやりましょう。







野呂と大森に会いに来てください。綺麗事は言いません、だけど当社のお客さんはみんな、幸せに生きてます。お待ちしております。



代表取締役 野呂一哉 
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅