So-net無料ブログ作成

3カ月先の資金繰りを常に意識する。一年の半分が終わる時 [中小企業悩み相談]

おはようございます。関東のダムの貯水率が徐々に微量ながら上がり始めている。もっともっと雨がほしいところです。



日曜日は当社のホームページの制作を任せている高校時代の友人ファミリーと一緒に千葉の富津へアジフライを食べに行った。芸人のサンドウィッチマンさんがTVロケに訪れたということで、もともと行列店なのに更に行列に拍車がかかったという。

開店は10:00だが朝8:00に店に到着して7番目だった。これはすごい!



一巡目で入店できるか心配だったがギリギリ座敷に座れた。入店が始まる際には約40人がお店周辺に集結している様子は圧巻でしたね。



一番人気のサスケ定食を注文。アジフライとアジの刺身の定食だ。このあたりのブランドである黄金アジのアジフライとお刺身、これはじつにうまかった。揚げ物だから揚げたては、おいしいに決まってるじゃないかという通説を覆すうまさだ。これは並ぶ価値あり。



千葉富津「サスケ食堂」で検索すれば一発で出てきます。目標は朝8:00前着が望ましいです笑。海の目の前なので眺めているうちに開店時間を迎えられるのもうれしい笑。ご興味のある方は是非、千葉富津へ遊びに来てください。



当社が推奨する先を見越した現預金管理による資金繰りはどの会社にもあてはめられることができる資金繰りのアルテマウエポンだ。なぜなら絶対に資金ショートを起こさない。これだけで十分だと私は考える。

大きい入金があったから、これを支払おう、これを買おう・・・・・・これは会社の経営とは言わない。ただ実際にこういった感覚の経理担当者が大多数を占める。残念だ。

こういった会社の顧問税理士も同様の考え方の人が多数いる。君たち、今まで何を勉強してきたんだい?笑



会社の決算に向けた税務については、君たちにお任せしよう。ただ、会社の資金繰りが厳しくなったときに税理士では手助けすることはできない。曖昧な節税方法を口から話して終わるだけだろう。



一番の神髄は常に資金ショートを恐怖と考えて支払うタイミングを組み替えることだ。これができないから資金繰りができない税理士は能無しと呼ばれてしまう。当社が普段、色々とご相談させて頂いている税理士さんは資金繰りができる税理士さんだ。これが本当のプロと呼ばれるもの。



資金が回っているから大丈夫だと安心している社長さんはもういっかいご自分の会社の資金繰りを確認してみた方がいい。決算書と試算表だけで確認しているようじゃ、既に黄色信号が灯っているかもしれないです。



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
タグ:事業再生
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

心あるものでいること [中小企業悩み相談]

おはようございます。西日本方面の雨がようやく関東にもやってきた。高速道路を車で走っていても、道路内の警告表示版に関東の水がめがピンチ!節水を。と表示されている。

今日の雨はなんとかダムの点在するエリアに降ってもらいたいものだ。



今日はこれから茨城方面への定期訪問だ。あいにく雨だがこの時期の雨は我慢しよう。久々の長距離移動となる。



比較的、今の時期は当社に数多くの人が来社される。金融機関、新規面談のお客様、不動産の仕入れ担当者など。皆さん必死だ。電話で営業をしていても相手にされないと危機感を感じて、自ら足で稼ぐ。すてきな話だ。

綺麗なスーツを着た色気のある男性営業が汗だくで仕入れの案件はないか、直接来社されるのだ。



私にもう少し時間があれば、応接に通して冷たい麦茶でも出して差し上げるのだが、こっちもこっちで作業が多くあるのでどうしても、立ち話になってしまう。今は不動産が当社でもかなり動いている時期で、在庫がないのと次の売出のための調査などで社内はごった返している。

ただ、足で稼ぐ営業さんの後ろ姿はなぜかカッコいい。



支援先の社長さんから昨日に電話が入った。長年付き合っている税理士だが、なんとなく実務的な提案が全く無いのと事務的過ぎてなんか腹がたつと。笑

まあよくある話だ。私も何度かお会いしたことがある税理士だが、私もこの方の態度には気になった。

事実を話すと、この人は税理士資格を持っていない。笑。ただの巡回要因だ。いい年なんだけどね。



自分に自信がないから、提案より経理さんを侮辱するような口調が先に出てしまう。何か税務の質問をすると、国税局のホムペを開いてこれを見てくださいと涼しい顔をして黙り込む。・・・・・絶句



恥ずかしくないのか?と何度も口にしようと思ったことがあるが、4流を相手にしても意味がないので私は何も言わない。何かをどこかへ置いてきてしまった、可哀そうな人間の結末だ。



実際にお金を支払う責任者の社長さんが税理士を変更したいというのなら、仕方がない。実際に変えるべきだと私も思う。当社の顧問税理士にお任せしよう。

実力は折り紙つき、しかも安い。本当に安いと思う。



実務より侮辱とも取れる口が出てしまうそこのあなた、大丈夫ですか?笑われてますよ。



税務の事だから、シビアに見なければならないことはこちらも重々承知してます。ただ、そこは絶対に譲れないというモノを持っていれば、対人間との接触はもうちょっと下から入るように今からでも遅くないから学習してほしい。



今日はこの辺で。代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg

下にいる時こそのモノの考え方 [中小企業悩み相談]

おはようごうざいます。それにしてもなかなか雨が降らずに梅雨らしくないですね。雨は嫌ですがそろそろ雨乞いしたいところです。



昨日は一週間早い父の日のお祝いで自宅マンションのルーフバルコニーでバーベキューを開催した。自宅でやるのは久々だったような気がする。それでも親父は喜んでくれた様子だ。

一年にいくらもないマンションルーフバルコニーでのバーベキュー。なるべくの無風状態は本当に一年に数回あるかないかだ。本当によかった。



母親の分まで病気せずに長生きしてもらいたい。いや、病気しても長生きしてもらいたいものだ。親戚連中も集まってくれて、大賑わいだった。



今年もこうして父の日を迎えられたことを本当にうれしく思うのだ。



さて、思想と言うものが自分の運命や宿命を変えることがあるのか?



答えはYESだ。YESだと私は考えて生きている。やはり薄汚い奴はそれなりの人生になるし、言っていることとやっていることが逆のやつは、やはり落ちる。歴代のそういった人間を見ていても、やはりそうだ、今現時点で私の周りにいないのであれば死んでいるのと同じだ。



サラリーマン時代によく仕事のできない先輩の愚痴に付き合わされた。喫煙室や昼食時、酒の席など。文句があるなら辞めればいいのに笑。

20代前半の私にとってそういった先輩の愚痴を聞いてい居る時には、そう考えていた。文句を言ってまで会社にいるなよ・・・・と。



俺が一番嫌いだったのは、会社や上司の悪口を言うやつに限ってその上司に媚を売ることだ笑。こんな昭和のTVドラマのような脇役みたいなやつがいるのかと。

実際にいる笑



馬鹿を見るのはいつだって鳥かごの中で必死にやっている奴だ。なるほど、てめえがトップに立たないと努力は報われないと気づいたのは20代後半の時だ。



周りの目や体裁を気にしてたらこっちがつぶされる。やりたいことにまっすぐ力を注ぐ人生を歩みたかった。今はどうかな笑



下にいるときほど周りが良く見える。これは俺の持論だ。上にいるとき、会社が絶好調の時ほど余裕があって周りが見えるのでは?と考える人も多いがそれは見えているのではない、眺めているだけだ。



見るのと眺めるのは違う。角度も違うし、目力が違う。本気度が違うのだ。



上述したようにこういった人間の指示は殆どがブレル、間違いなくブレル、ブレル笑



会社はトップから腐るというのは本当のことだ。私も気を付けないと会社全体を腐らせる。腐った会社をいくつも見てきたから。



事を成す人は孤独だ。俳優で画家の片岡鶴太郎さんが何かの書で書かれていたのを思い出す。その孤独に耐えきってこその会社のトップだ。ブレズに前を見る、失敗するかもしれないから毎晩、恐怖との戦いだ。

前震が震えるのを私も体験したことがある。それを武者震いに変えるには、命の音を聴こうとすることだ。自分の心臓の音を毎晩聴いて、生きていると自覚する。



ボブパーソンズ氏の言葉で私が座右の銘にしている言葉がある、良い計画は明日完璧にして実行するよりも、不完全でもいいからきょうやれ。


まさにこれだ。突っ込むときは呼吸をせずに一気にいく。



会社の資金繰りの悪化で、全国の社長さんとほぼ毎週新規面談をやらせて頂いている。 悩む前に行動を、今日はこれだけをお伝えしたい。



もう少し早くお会いできていいれば、という中小企業が本当に多すぎる。



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

それでも生きていく [住宅ローンが払えない場合]

おはようございます。利根川水系の貯水量が気になりますが、快晴の見事な天気です。



ここのところは、相変わらず定期的に新規面談をさせて頂いており、こころなしか不動産の処理についてのご相談が増加しているように感じます。

一般的な住宅ローン遅延の問題、リースバックのご希望、はたまた、競売開始決定通知を受理したなど。



最近ではこういった住宅ローンが払えなくなった方向けの任意売却業者が増えましたね。実際に事業としてなりたっているかは別として・・・・



当社におきましても社長さん自身の住宅ローン破綻のご相談や法人名義で所有している不動産のご相談については非常に多数のお問い合わせを頂いております。



一つ言えることは選択する業者を間違えるとただ売却されて終わりです。売却時期の総合的な判断と債権者との的確な折衝ができるかどうかでプロかアマかが変わる。これを念頭に業者選びをされてください。



さて、市川海老蔵さんが奥さまのご病気の件で記者会見をされました。車に乗車中に私も車中のTVで拝見していました。なんとも残念です。



記者会見の内容からして、ステージ的にはかなり進行しているのかなともとらえることができる。小さなお子さんが2人、この二人の心境を考えると言葉でません。



私も母親を私が24歳の時に亡くしております。実際に癌だとわかったのは、私が20歳の時。その時の記憶はありますが、真っ逆さまに谷底へ落ちていく心境です。

二度とこんな思いはしたくないと思いましたが、一番辛かったのは病を患う母親本人です。



親父と私と妹と祖母と叔母とそして母親と全員で全員をフォローする生活が4年半続きました。辛かったけど、あれが今の家族の絆をより深めたというか構築したというか。

残念なのは母親が亡くなってしまったことです。



海老蔵さんのご家族が今後、どのような人生を歩まれるかは時の定めとして、今を与えられた宿命として懸命に生きていっていただければと存じます。

ご病気の回復を願います。



それでも生きていく、過酷な言葉ですがこれが人生なんですよね。 代表取締役 野呂一哉







全国書店にて、好評発売中
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

梅雨と晴間と紫陽花と [住宅ローンが払えない場合]

おはようございます。今日は本当に梅雨らしい天気だ。本当に素敵ですね。



昨日は神田の支援先で会計作業をやらせて頂いた。ふと気が付くと東京の空は夏空のような快晴だった。田端で専任で預かったマンションの写真を撮影しに行きたいのだけれど、二時間ぐらいこの青空が持続するなら行きたいな。



社長さんに断って、田端まで久々に山手線に乗った。たまには電車もいいもんだ。



蒸し暑くて、汗が滴り落ちてくる。それにしても田端という駅、久々に下車したけどこんなに多国籍だったっけ笑。留学生の学校があるのか、寮があるのかすれ違う若者が日本人じゃない。それもそれでいいか。



昼間からやっている一杯飲み屋も大盛況だ。入っちゃおうかな、と誘惑に駆られる。



10分程度で物件に到着。昔からの手際の良さで、写真を撮影していく。販売会社にいた時にはこんなにゆっくりと仕事ができるときはなかった。ひっきりなしに所長から電話がかかってきて、何時に会社に戻るんだと管理されていたっけな。

この物件は築浅の2LDK。しかしながらバルコニー開口部が北東だ・・・・・これだけがマイナスポイント。それ以外は本当に室内も綺麗で文句ない。



ここのところの新規面談ラッシュで取り扱う不動産件数も伸びてきている。扱うだけでなくて契約にこぎつけなければ、支援先は当社と契約を結んだ意味がない。

販売会社にいた時にはよく、呼吸するな!と怒鳴られたものだ。やるだけのところまでは詰めれるときに詰めておかないとこういった写真撮影も後手後手に回る。

その意味が今、初めて理解できているような気がする。

あのころは毎日、チラシチラシで嫌になっていた。機械的に作業をするのが私は苦手のようだ。



専任媒介はほとんど大手に取られていたし、私の責任だが兵隊のように働いていたときはなんとも面白くなかった。



今こうやってリスクを背負ってさらに前向きに動いている方が自分で自分の躍動感を感じる。生きていると感じるのだ。本当に私はサラリーマンと組織に向かない。

かつて、お世話になった先輩方へ敬意を払うとともに、私に仕事を伝授して下った方々に感謝だ。



さあ、6月もスケジュールいっぱいで悲鳴をあげたいが、さらに大森と周りのスタッフとひたすら生き続けるのだ。ちょっと今日のはかっこよすぎか笑





代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

梅雨と心と行動と [中小企業悩み相談]

おはようごうざいます。関東も梅雨入りかと思わせるような、素敵な雨の朝です。涼しくて気持ちがいい。



金曜日の夜は高校時代の仲間7人と久々に酒を酌み交わした。卒業式以来で会ったやつもいる。皆、本質は変わらない。事業再生コンサルタント、新車のディ―ラーから転職して家業を継いだもの、不動産屋、IT関連、鞄メーカー勤務、工場で働くもの等、皆元気で相変わらず馬鹿さ加減が懐かしい。



決して頭がいい学校じゃないけどれども、珍しくクラスの変更がなく3年間、ずーっと一緒だった。この年でまさ再開できるのは本当にうれしい。仲間はやっぱりいいなと思った。

朝まで飲んで語り合うことに意義がある。LINEでグループ作ったから、次は来月かな笑



心が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

運命が変われば宿命が変わる



宿命は変わるのだ。宿命は変えられないと言う人もいるが、そうではないと私は思う。



6月の梅雨空を見ながら、今月で一年の半分が終わってしまうのだと恐怖を感じる。仕事仕事、忙しいからと言って自分が打ち立てた目標を実現しようと意識している自分がGW過ぎからどこかへいってしまった。これではまずい。



常に冷静な判断で生きる。これしかないのだ。



かなりの頻度で当社にお問い合わせを頂いている。皆さん本気で再生しようと考える社長さんばかりだ。今年の後半も全部再生してやろうじゃないか。



そうやって自分で自分に鞭を打つことをいつのまにか覚えた。 今日はこの辺で。



代表取締役 野呂一哉
yjimage[1].jpgカバー/銀行から融資.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

キャッシュフローの組み立てと止める勇気 [中小企業悩み相談]

おはようございます。ちょっと肌寒い朝でしょうか。いよいよ梅雨時期の6がつを迎えた。



もう一年の半分へ到達だ。やはり一年は早い。



昨日は神田の支援先にて月末の会計作業をやらせて頂いた。キャッシュフローは特殊で製品を生み出すために、先出のお金がどうしても必要となってくる。各製品とも納品して約一か月後に入金されてくる。

絶えず動いている状況なので、資金繰りは厳しい、しかしながら毎年決算を迎えると大黒字だ。本当にその都度、WHY?と大声で叫びたくなる笑



3月で決算月を迎えて、ちょうど今頃に決算書を手にする経営者は多いことと思う。売上を気にすることは当然のこととして、どれだけ設けているかを意識している方はどれだけいるだろうか。

融資を受けている金融機関や大口の取引先に対しての顔をよくするために、相当に調整してきている会社もあるでしょう。それが数年続くと、実態と大きくかけ離れて収拾がつかなくなる。



こういった中小企業からのご相談って今の時期に非常に多いのです。決算書の提出を求められ、実態とかけ離れている状況を説明しきれない。挙句の果てには税理士さんの責にする。これでは友好な取引は継続できませんね。



こういった状況に陥ってしまっている社長さんへ、今期からは会社の実態を素直にお話しすることをお勧めします。誤魔化しはすでに通用しません。

月次資金繰り表を入出金ベースで作成し、今の状況をご説明する。きっと相手は驚くかと思われますが、無理な借り入れを続けるよりマシです。キャッシュフローについても、無理のないように組み立てる。毎月を一定額でしのげるように組み替えるのです。



決して楽ではありませんが、それが当社の真骨頂。すべてを打ち明けて、数年後の回復をじっくりと待つ経営が今は必要とされているのではとも私は思うのです。



昨日に会計処理させて頂いた支援先も四カ月ぶりに社会保険料を収めることができました。当社が支援で入る前には1,000万円クラスの社会保険料が滞納されていた会社さんです。

それでも今、社長さんを中心に毎日、ビジネスに力を注がれています。決して楽ではありませんが、せっかく立ち上げた会社、返済や支払いのために放り投げてしまうのは残念です。



大事なのはキャッシュフローを会社さんごとに、特性を分析して組み替えること。



キャッシュフローの組み替えと止める勇気をもって今期は一緒にがんばりましょう。





代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。