So-net無料ブログ作成

宿命転換・・・人生山あり谷あり、山の方が大変だ [中小企業悩み相談]

おはようございます。涼しい朝ですね。台風が近づいているみたいです。お盆前には水不足のニュースが飛び交っていましたが、今は水不足より台風による災害を心配しなければならない。



まあ、こんなもんですね。笑



久々にしばらく言っていなかった居酒屋へ足を運ぶ。ちょっとしたイザコザでマスターと喧嘩してから早一年、なんとなく足が向いた。相変わらず大盛況のようだ。

ここへ来ると嫌なことを思い出しそうで来たくなかったけど、この昭和の雰囲気の居酒屋が大好きだ。

マスターとも仲直りして、昨日は久々に飲みすぎた。



ふと、その昔世話になった不動産業界での先輩の動向が気になった。その先輩のかつての上司の方と店を立ち上げたのだが、その先輩の顔写真がそのホムペから突如として消えたのだ。

約8年ぶりにメールを送信・・・・・・・・・・



すぐに返事が返ってくる。今は不動産業をやめてかつてのアパレル業界へ戻ったようだ。うちに案件がもっとあれば金を払ってでも雇いたい方だ。実力は申し分ない。

その昔、この先輩が所長を務める不動産会社に就職した。20代のころかな。



新規店舗のオープニングメンバーとして入社した。それまで勤務していた事業再生会社を強制解雇され(その後、その事業再生会社は不正を繰り返し社長が逮捕されたので神様が私を救ってくれたと今は感謝している)、捨てる神あれば拾う神ありという言葉が初めて体感できた時でもある。

一念発起して一生懸命に頑張ったのだけれど、営業所自体の数字が振るわずして一年半程度で閉鎖となった。



そのまま私も解雇され、しばらく路頭に迷ったっけ。私の解雇を最後まで反対してくれたのは、この先輩だ。最後の出勤の日、私の送別会を開いてくれたのはこの先輩だ。

私を解雇したその上の何もできない上司はこなかった。涙ながらに私ごときに解雇を防ぎきれなかったことを謝罪してくださった。



悲しくて嬉しくて、ホッとして、涙を流すことすらできなかった。 俺が偉そうに言えることじゃないけど、久々に人間に出会った気がした。



いつか、この方と一緒に仕事がしたい。そう思う。



事業再生コンサルタントとして、男として、こんなに甘くちゃダメなんだけど、人にしていただいた親切を忘れるほど愚かじゃない。



支援先の社長さんから電話が入る。資金繰りが窮地に立たされているとのことだ。決済資金が足りない。



当社は事業再生会社だ、しかしながら一つだけお力になれないことがある。もうお気づきだろう、当社からお金を貸すことだ。当社で指導する資金繰りを徹底して頂かないとこうなってしまう。



ただ、運の強さに定評のある社長さんだ、なんとか乗り切るだろう。 当社は支援先と地獄まで付き合う覚悟だ。



夏の終わりが嫌い、と海を眺めながら恋人につぶやく昭和の女優がなつかしい笑。日本テレビの24時間テレビが始まると夏休みはもう終わりだと残念な気持ちになっていたころが懐かしい。

8月はお盆休みや花火大会、盆踊りなどがあって楽しい季節だ。夏の終わりをさみしいと感じるのは現実を見なければならないという覚悟でもある。



当社の新規面談も秋が一番、多い。さあ、会社の資金繰りをもう一回見つめなおして、一緒にがんばりましょう。







代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

中小企業の再生と心の再生 [中小企業悩み相談]

おはようございます。くもり空ですが、涼しい朝を迎えました。やはり今年の台風は進路がいつもと違いますね。こんな年もあるのかと。



温暖化の影響でこれからは関東地方にまっすぐ北上してくる台風が増えるみたいだ。今年も盆提灯が我が家では活躍した。母親が亡くなった時に親戚のおじちゃんが買ってくれたものだが、これもこれでなんとも風情ある情景だ。

今日、この提灯を片付けるけれども来年もまた平和な心でこの提灯を組み立てることができればと思う。

オリンピックはメダルラッシュだ。狙っていた色のメダルを取れなかった選手、初出場で金メダルを取った選手、初出場でメダルは取れなかったけど決勝進出して涙を流す選手、日本と言う国は本当にすごいなと。



今日は小学校時代の友人と先祖のお墓詣りに行って、朝まで酒を飲もう。久しぶりのお休みです。



私は私で非常に忙しくさせて頂いている。なんといっても叔母の実家の建て替えが確定したので建築会社と間取りの打ち合わせや銀行とのローンの打ち合わせで非常に忙しい。俺の個人保証をしないと融資が出ないらしいが、ここは一肌ぬいでやろうじゃないか。叔母のためだ。



それでも自分の進退について、躍動感を感じる。本当に心地よい毎日だ。



資金繰りを真剣に考えている社長さんほど、底なし沼にはまりやすい。これは俺の持論だ。ほとんどの方が期限内に支払いをしなければならないと使命感を達成するための資金繰りだからだ。



責任ある代表者であれば当然のことだ。しかしながら、その使命感が仇となる時がある。どうやったってお金が無いときだ。



その時の動き方で全てが変わる。すべてが変わる。 さあ、あなたならどうする?



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

会社を経営するとは2016夏 [中小企業悩み相談]

おはようございます。この夏は本当に気候がおかしい。お盆前はあんなに蒸し暑い日が続いたのに、お盆に入ったとたんに涼しい夜と朝を迎えるようになった。



台風が近づいているとのことで、高気圧が東に偏っているから関東直撃の報も。温暖化は世界の気候をも変えてしまう。



オリンピックを見ているがやはり陸上競技が始まった途端にメダルラッシュが止まった。日本じゃナンバー1なんだろうけども、予選で負けて自分の走りが出来ました、悔いはありません・・・・・と言われてもなんだかピンとこない。私だけだろうか。



高校野球がオリンピックの陰に隠れてしまったが、千葉県代表の木更津総合はまだ残っている。実力派のチームだからなんとか優勝してもらいたいものだ。



人気アイドルグループが年内で解散を発表した。覚悟が座っている。継続はしてほしいが、メンバーの本意であれば仕方がない。



会社を経営するうえで一番大事なことはなんですか?何だとわかっていないで経営している度胸ある社長さんたちによく聞かれる。私はこう答える、心と人だと。



売上を上げさえすれば、経営は成り立つという考え方がもう通用しないことはこのブログ散々お話ししてきた。つまり経営をするうえで金に向けた時点で敗北だということ。

入金を上げていくためにはどうすればよいかを、常に考えて実行する。実行してもダメで、常に軌道修正の判断を持つ余裕さも必要だ。



つまり引き際を常に考えた120%での前進だ。心の話を書くとこうなる。



それでは資金繰りの話をしましょう。会社にとって資金繰りはその会社の司令室だと思ってもらって結構。その中身はこうだ。



会社の命は現預金だ。しかしながら会社というモノは売り上げの入金と支払いを絶えず繰り返さなければならない。一般的な考えとして支払いが集中するのが月末。



月末の現預金が100万円、売上入金が200万円、支払いが500万円。こういった資金繰り状態である当社の支援先は多々ある。こういったときに足りない200万円を調達してくる手法を絶対にとってはいけないのだ。



何故か、ここまで窮地に立たされている会社に調達してきたお金の返済能力はない。ましてやここまで来ると銀行も貸してくれないだろう。



だからこそ借りてはいけない、借りた金で払ってはいけないのだ。資金繰りの組み替えこそ、当社の真骨頂。一緒に2016年の後半をがんばりましょう。



今日はこの辺で



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
タグ:任意売却
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

事業継続とご家族のために~2016お盆 [東京資金繰りコンサルタント]

カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpgおはようございます。なんともこのお盆の夜は涼しい。まるで秋のようだ。私の千葉市の家はマンションの上層階だが涼しい風がよく入る。



お盆になってから夜はエアコンは使っていない。我が家で今活躍しているのはエアコンではなく、扇風機でもなく団扇でもなく、今年我が家にデビューした風鈴だ笑



金曜日まで泥のように働いたので、昨日から四日間お盆休みを頂く。昨日は千葉市内の先祖のお墓参りをした。親戚のお墓も周って全部で3つの霊園に行かせて頂いた。

お盆に入って数日経過しているので、大混雑と言うわけではなかったが、多くの方が訪れていた。



炎天下の中、皆さんご先祖のため草を取り長くなった枝木を整理整頓して水をたっぷりと差し上げて選考を手向ける。最後には一念を込めて手を合わせる。

なんとも日本の夏らしい光景だ。



いつまでもこのお盆の時期はこういう光景であったもらいたいと切に願うのだ。



さて、私の進退についても大きな動きが出そうだ。叔母の会社の社長就任や購入した収益物件の対応、友人の会社の支援など9月に入ってからは目白押しだ。

本当に楽しみな秋~冬となりそうだ。さて、どうやって私がこれから生きていくか。何にも臆することなく王道を行こう。



事業継続をするためにはどうすればよいか?本当によく聞かれる質問だ。売上を上げることは大前提。しかしながら売り上げを上げても会社は成り立たない。

売上を上げていればなんとなかる!という考え方が強い社長が陥るケース、それはすべては金だという考え方だ。

金がないと呼吸できない人たち。残念だ。

だから売り上げが悪くなって資金繰りが悪くなると、金に走る。親戚、友人、息子や娘、返す宛のない金を握ってしまうのだ。それだけは今日覚えてもらいたい。



すべては返す宛のない金を調達するところから始める。時には水槽の栓を締めながら使っていかなくてはならないのだが・・・・締めることを知らないから、調達した金が亡くなるのが早い。

また調達してこれればいいのだが、そのうち悪い噂が広まってTHE ENDとなる。



借りるより、時には締めること。知らないなら、知ろうとして実行に移せばいい。



今日はこの辺で



代表取締役 野呂一哉

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。