So-net無料ブログ作成
検索選択

男の矜持 [中小企業悩み相談]

朝方と夜はすっかり秋だ。昼間はまだ暑い。私はそう感じる。



当社の入るビルの目の前には何かしらのモンスターが滞在しているらしい。ポケモンGOユーザーが必ず足を止めてスマホを操作する。無縁の私には全くわからない。笑



秋葉原の柳原通りはなかなかの大盛況だ。今週は私には休日が無い。支援先の経営改善計画書の作成でタバコを吸う暇もないのだ。ありがたい。



日曜日も支援先の経営改善計画書の作成に魂を吹き込んだ。なかなかの出来だ。これでリスケジュールも承諾してくれるだろう。



昨日の東京新聞にプロボクサーの長谷川穂積さんの記事が載っていた。5年ぶりに世界王者へ返り咲いた記事だった。すげえ!



まさに男の矜持、あきらめなかった、どんなに苦しくったって心は折れないと記者である森合氏は記事を続ける。私も私でボロボロ涙が出てきた。



私ごときが長谷川穂積さんを語るのはまことに失礼だが、長谷川さんは母親をガンで亡くしている。私も同じだ。



その昔、長谷川選手のお母さんが生きていらっしゃる頃のドキュメンタリー番組を拝見した。闘病しながら息子の勝ちを祈る母親と息子である長谷川選手を追ったドキュメンタリー番組だ。



闘病中の母親にできる限りの高額な保険適用されない治療をと自分のファイトマネーで世話をする姿が本当に印象的だった。



母親が闘病中に私は経済的な援助を何一つできなかった。24歳だった。だけど長谷川選手は有言実行で勝ち続けた。俺には真似できない。



だからこそ、王者に返り咲いた長谷川穂積を本当にすげえ奴だと思う。



あきらめない、どんなに苦しくたって心折れない、自分自身へもう一度言い聞かそう。



日本中の中小企業の社長さんへも発信したい。あきらめて、心折れた時が経営する会社の死亡推定時刻なのだと。



明日からもっと目の前の仕事に取り組もう。



長谷川選手のお母様が亡くなった時のブログがまた泣ける。是非→http://ameblo.jp/hozumi1216/entry-10686287014.html



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg

夢を持てる人間と捨てる人間

おはようございます。この3連休はすべて仕事だ。本当に忙しくさせて頂いている。ありがたいことだ。



私は千葉市民です。この11月で千葉パルコが閉店してしまう。昨日から閉店セールが始まっているみたいだ。残念だがこれが時代の流れか。つい先日にも同様に千葉三越の来春での閉店が決まった。

こちらこちらで親戚が正社員として勤めている店なので、なかなかのショックだ。千葉の繁華街の人の流れが変わってしまうか、それもそれで残念だが仕方ない。



千葉三越と言えば千葉市内の公立中学校の制服、高校の制服を仕立てあげている店だった。思いで深い。本当に残念だ。



先日の某新聞社のインタビューに答えていた高齢女性の言葉が、時代の流れを感じる・・・・・千葉市に住んでいるけれど、高額のモノを買うとしたら千葉ではなく日本橋三越に行くことが多くなった。



残念だが本音だろう、私もそうする。 これは千葉三越自体の責任ではないが建物自体が老朽化し古さを出していたことも要因だろう。老舗だからこそ、見せ方が大事だったのかもしれない。



時代の流れに乗り切れなかったことは確かだが、これであきらめてほしくない。私は一生LOVE千葉だ。



今は日曜日の夜12:00だが、北側のルーフバルコニーから涼しい風がヒューーっと入ってくる。もう秋だと信じていいのか、30℃を超える日は無いのか、そう願いたい。



この9月から当社は6期目に入った。当たり年なのか、9月に入ってから問い合わせが激しい。不動産単体での問い合わせや成約も多くいったいどうなってんだと大森とよく話す。



いやいやそれだけ景気なんてよくなっていない証拠だ。金が回りきっていないのだ。



だからこそ、取ろうとする人が多いし、出したくないと思う人が多いし、買うならより有名な店で買おうとする人が多い。



日本はまだまだ不況だ。



今年は年末にかけて非常に多くの問い合わせが増えるだろう。問い合わせの数だけ笑顔を前向きな気持ちをささげることに集中したい。





代表取締役 野呂一哉

タグ:任意売却

金が無いことに嘆くことなかれ、金が無くても気持ちがある [資金繰り 中小企業円滑化法案]

おはようございます。一カ月ぶりに寝汗をかいていない朝を迎えた。笑、涼しいな。いい季節だ。



昨日は会社で支援先の資金繰り表を2社分作成した。それにしてもこの9月で当社も6期目が始まった。よくここまできたものだ。最初の頃は数少ない不動産案件を丁寧に対応して、会社で暇を持て余しネットサーフで夜を迎えることが多かったっけ。

いつか支援先がいっぱいになって仕事に追われる時期を夢見ながら、毎日耐えていたあの頃から約5年。一社一社大事にしてきた。



嬉しいことに今は仕事に追われてしまうこともあり、相棒の大森にどうやって仕事を押し付けるかを考える毎日だ笑(もちろん同意を得てね)



5年継続できる会社はなかなか無いという統計もある。とりあえず一つ目のハードルは超えたかな。



昨日は夕方の会社帰りに、先祖の墓参りに行かせて頂いた。千葉市内の夕方の霊園はすでに秋深い。オレンジ色の夕日の中、夕方の散歩を楽しむ地元の高齢者の方の憩いの場だ。

日が落ちるまで時間がないから軽く草取りをして、線香を手向けて、手を合わせる。「今日も生きていれております。」これで十分だ。



新規面談への問い合わせが増える中、既存の支援先の資金繰りの悪化が目立つ。今年はちょっと特殊な年かな。



リスケが完了して、通常業務に戻ると資金が増える。当たり前だ、それは本来銀行に返済する元金であり、その会社のお金ではない。本来ならば返済する元金だが、資金繰りが乏しいから返済せずにストックしておくお金だ。

資金繰りの支払いに使っていいお金ではない。この考え方は変えてはいけない。



リスケしてるから、元金を返済せずに資金繰りに流用していると一生リスケからは脱出できない。返済しなくていい元金は、突発的なトラブルの時のためにストックしておくお金だ。ここは大事ですよ。



金がないなら無いなりの経営がある。残念なことは、この対応を知っている社長さんはほぼ居ないということだ。



売上を上げていればなんとかなる、という社長さんは非常に多い。その考え方は間違いではない、前向きで友好的だ。



ただ、売上の増加に応じた原価と販管費の増加、税金関連の増加に応じた、まさかの時の対応をしている中小企業は皆無だ。リスケだを成立させてコンサルタント業をしている会社もあるとか。



リスケはコンサルとは言わない。中小企業の経営で一番大事なのは3か月後、現預金がいくらあるかを知っているかどうかなのだ。それしかない。



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg

もうあきらめようと思ったとき、実は成功の直前にいるものだ [任意売却]

おはようございます。朝晩は既に秋だ。蝉しぐれがいつの間にか鈴虫の大合唱へと変わっている。それにしても変な進路を辿る台風が多い夏だった。



東北方面に力を衰えずにこれでもかと台風が上陸する。未だに行方不明の方もいらっしゃる。こんな夏があったかと思い出してみても、記憶にはないな。



この数日間は非常に忙しかった。久しぶりに任意売却ではない、普通の資産処分の不動産取引を無事に終えることができた。抹消交渉をしない不動産取引はいつぶりだろうか。

久々に債権者とナチュラルにお話ができたような気がする笑。



それにしても売主さんに喜んでもらえてよかった。色々と大変なこともあったけど、お客さんに喜んでもらえるのは私の次の仕事に繋がる。



夏のブログで毎年書いているように、この暑い夏が終わりそうなこの時期に当社への社長さんからのお問い合わせが増え始める。何故か?



夏は夏で数多くのイベントが目白押しです。お子さんがいるご家庭では子供夏休みに入る、お盆休みがある、海や川へレジャーと何気に我を忘れられるこの時期だ。

資金繰りに困る社長さんだってたまにはお金の悩みを忘れたくなる。年末クリスマスから年明け三が日にも同じ傾向がある。



ただ、ふとその楽しい時間が過ぎ去ると現実に直面するのだ。小学生が日本テレビの24時間テレビのエンディングを見終わった瞬間にもう夏休みも終わりだと感じる誰もが経験したことのあるあの恐怖だ笑。



支払いに対する処置をまったく取らずに、無駄に過ごしてしまった夏を後悔すると共に絶望へと気持ちが切り替わる瞬間だ。



同じような社長さんが全国にたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



来週から当社は新規面談ラッシュだ。わざわざ遠方から当社のある秋葉原へご来社してくださる。丹念にお話をお聞きして、社長さんと今後の再生計画を一緒に組み立てる。

泥臭い話だが、本物の事業再生は泥臭いことしかない。綺麗な仕事など一つもないのだ。



私と大森の今までの泥臭いだらけの経験値で今年の後半も全国の社長を笑顔にしよう。



今日はこの辺で



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
タグ:任意売却