So-net無料ブログ作成
検索選択
中小企業悩み相談 ブログトップ
前の10件 | -

人に始まり人で継続し、人で踏ん張る [中小企業悩み相談]

おはようございます。今日は茨城県内の支援先を朝から2社ほど定期訪問させて頂きます。すがすがしい朝です。

私の愛車がフロントガラスへの飛び石によってヒビが入り、今日から入院だ。支援先である車販売業者に依頼する。今日、訪問することがわかっていたかのように、昨日にヒビが入った。これも運命か笑

悲しいが仕方がない。車に詳しい友人に相談したところ、彼は過去二回も被害にあってフロントガラスを全面交換したらしい。俺は運がいいのかな笑

オフィス街のポストは夜になると投函された郵便物でいっぱいだ。実際に投函したい自分の郵便物がポストへ入らない時がある。オフィス街で働いている人は経験がある人もいると思う。

投函しようとすると前に入れた人の郵便物を手で触ることができる。抜こうと思えばできる、やらないけど。悪意のある人間に盗まれたらどうすんだ?と思いながらその場を立ち去るのだが・・・

これだけ常識のない人間が社会人にいるのかと悲しくなってくる。会社の大事な郵便物を他人の手に自由に触れさすなんて・・・・そう思いませんか?

安全大国日本ですか?????


私の会社の社員が会社の郵便物をこのように投函していたら、はっきり言って懲戒免職だ。コンプライアンス?誰のための言葉だろうか。やはり、日本のサラリーマンOLは無能なのか。

完全に投函しきれない郵便物を中途半端にポストに置いて、なぜ帰路につける?はっきりと言わせてもらおう、お前ら人間として頭大丈夫かと。


人のマネジメントが一番難しい。人を使うのが一番難しい。私も経営者として痛感する。

ただ、私が週に数回ほど経理担当者として行かせて頂いている番組制作会社は人により仕事が生まれ、人によって売り上げがあがり、人によって時には報酬支払いを我慢してもらって会社が継続している。

会社にとって一番大事なのはヒトだ。ヒト、モノ、カネ、モノもカネも人次第。 難しいねえ経営って。


今日はこの辺で。






代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
タグ:事業再生
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

常に理想を持ち、希望を持ち [中小企業悩み相談]

おはようございます。TVやラジオ、インターネットでもクリスマス商戦&年末年始商戦が始まった。

ケーキやチキン、おせちやタラバガニ笑、など。今年もここまで来たかと一年を振り返ってしまう。前期は不動産に絡むビジネスが殆どなくコンサルや会計業務に没頭していた感がある。

今期は今期で、逆に不動産の仕事がバット増えて、そりゃ大忙しだ。叔母の経営する不動産賃貸管理会社の方も大忙しで、顧客の紹介やら契約やらで年末も30日まで出勤予定だ。本当に悲鳴を挙げたくなる。笑

当社も年末最後の定期訪問が先週から始まっている。今年も一年間、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。月並みな言葉だが、私はこの言葉が大好きだ。

資金繰りの状況は別として、今年も大晦日を迎えることが出来、新年を迎え入れることができるからだ。これだけでいいのだ。

こうして年末にブログが書けていることに感謝だ。


金を借りることしか頭にない社長さんがいらっしゃるとしよう。あくまでも仮定だ。その会社に神様がお金をポンと出してくれたとしよう。

その会社はどうなるか?3か月後にはまたお金が借りたくなるのだ。つまり、ある一定の止血措置を実行しないと、神様がくれた金は水の粟だ。

お金は生きた使い方をしないと意味がない。この年末、当社へのご相談も時間刻みで予定が入っている。設備投資や新たな制作のための施設を借りたり買ったりするお金ならばこの限りではない。

殆どの社長さんが取引先の言われるままに、ただの支払いのために使ってしまうのだ。これは生きた金の使い方と言わない。ただ支払いだ。

ただの支払いのために融資してもらった金を使うとどうなるか?借りる前と借りた後で・・・・・・・何も変わらないのだ。


理想や希望を持つとは非常に怖い言葉です。理想や希望を持った時点で、今の資金繰りへの考え方を一度リセットしなければならない。

リセットできる社長は2年後に浮上する。これは私の経験値の話だ。リセットできずに、ダラダラと今までの状況を続けて繰り返し融資を受けることを希望する社長さんは逆に2年後に死ぬ、会社と共に。

私には理想と希望が常にある。理想と希望を持つたびに今までの自分の考え方を改めるようにしている。

今日はこの辺で

代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
タグ:任意売却
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

いつも通りの年末年始のために [中小企業悩み相談]

日曜日は久しぶりに寝ることができた。月曜日から土曜日までフルで働いて日曜日でリカバリーする生活が常となった。これでも幸せだ。

自宅近くに行列のできるラーメン屋ができたというのでカロリー気にせず一人で下見へ。二郎系統のお店で店主さんは有名な方らしい。呪文のようなコール(野菜やニンニク、スープの濃さ)などを隣のお客さんのマネをして注文。

久々だなあ、それでも量が多い、若者のラーメンだ笑。でもうまい!これはくせになりそうだ。それにしてもお客さんがひっきりなしに入ってくる。これまたすごい!

千葉三越や千葉PARCOが閉店することになり、このタイミングでJR千葉駅の改装オープンの一次がいよいよ今月の20日だ。まさにスクラップアンドビルドの精神。

私の近所でも長年、工場跡地として何も建てらなかった土地にスーパーができたりショッピングモールができたりと消えていくのものと新たに生まれるものの動向が見えるのも面白い。

近所に某都市銀の支店ができるのも非常にうれしい。最終的にお金を使ってくれる相手に対して何が提供できていたか・・・・を考えさせられる。

昔からあるから今もある・・・が通用しない時代になってきていると感じるのは私だけか。

土曜の夜からガンガンとパトカーやら消防車がやたら多かった。千葉でも一応は官庁街に住んでいるので緊急車両の音は激しい。もう慣れたけど。

千葉市内での事件や犯罪をメールで教えてくれる機能があることに昨日気づいた笑、色んな事細かい新聞やテレビでは決して報道されない事件が何気に身近にあることに気づかされる。

自宅周辺でもひったくり事件や車上荒らしが多発している。意外と治安悪いな笑


11月に入り、続々と新しい支援先との契約が続く。資金繰りで悩む中小企業の方々との出会いは非常にうれしく、そして今年も年末まで忙しくさせて頂けると時間するのだ。悩む前に行動をする。借りる前に相談をする。自己破産が全てじゃない。

売上と顧客、従業員がいるならばどこからだって這い上がる。まさにヒト、モノ、カネがそろっている状態で自己破産は自殺行為だ。

まずは今やれることって何なのか?を一緒に探しましょう。それが当社の事業再生だ。



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg本 表紙1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

男の矜持 [中小企業悩み相談]

朝方と夜はすっかり秋だ。昼間はまだ暑い。私はそう感じる。



当社の入るビルの目の前には何かしらのモンスターが滞在しているらしい。ポケモンGOユーザーが必ず足を止めてスマホを操作する。無縁の私には全くわからない。笑



秋葉原の柳原通りはなかなかの大盛況だ。今週は私には休日が無い。支援先の経営改善計画書の作成でタバコを吸う暇もないのだ。ありがたい。



日曜日も支援先の経営改善計画書の作成に魂を吹き込んだ。なかなかの出来だ。これでリスケジュールも承諾してくれるだろう。



昨日の東京新聞にプロボクサーの長谷川穂積さんの記事が載っていた。5年ぶりに世界王者へ返り咲いた記事だった。すげえ!



まさに男の矜持、あきらめなかった、どんなに苦しくったって心は折れないと記者である森合氏は記事を続ける。私も私でボロボロ涙が出てきた。



私ごときが長谷川穂積さんを語るのはまことに失礼だが、長谷川さんは母親をガンで亡くしている。私も同じだ。



その昔、長谷川選手のお母さんが生きていらっしゃる頃のドキュメンタリー番組を拝見した。闘病しながら息子の勝ちを祈る母親と息子である長谷川選手を追ったドキュメンタリー番組だ。



闘病中の母親にできる限りの高額な保険適用されない治療をと自分のファイトマネーで世話をする姿が本当に印象的だった。



母親が闘病中に私は経済的な援助を何一つできなかった。24歳だった。だけど長谷川選手は有言実行で勝ち続けた。俺には真似できない。



だからこそ、王者に返り咲いた長谷川穂積を本当にすげえ奴だと思う。



あきらめない、どんなに苦しくたって心折れない、自分自身へもう一度言い聞かそう。



日本中の中小企業の社長さんへも発信したい。あきらめて、心折れた時が経営する会社の死亡推定時刻なのだと。



明日からもっと目の前の仕事に取り組もう。



長谷川選手のお母様が亡くなった時のブログがまた泣ける。是非→http://ameblo.jp/hozumi1216/entry-10686287014.html



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

宿命転換・・・人生山あり谷あり、山の方が大変だ [中小企業悩み相談]

おはようございます。涼しい朝ですね。台風が近づいているみたいです。お盆前には水不足のニュースが飛び交っていましたが、今は水不足より台風による災害を心配しなければならない。



まあ、こんなもんですね。笑



久々にしばらく言っていなかった居酒屋へ足を運ぶ。ちょっとしたイザコザでマスターと喧嘩してから早一年、なんとなく足が向いた。相変わらず大盛況のようだ。

ここへ来ると嫌なことを思い出しそうで来たくなかったけど、この昭和の雰囲気の居酒屋が大好きだ。

マスターとも仲直りして、昨日は久々に飲みすぎた。



ふと、その昔世話になった不動産業界での先輩の動向が気になった。その先輩のかつての上司の方と店を立ち上げたのだが、その先輩の顔写真がそのホムペから突如として消えたのだ。

約8年ぶりにメールを送信・・・・・・・・・・



すぐに返事が返ってくる。今は不動産業をやめてかつてのアパレル業界へ戻ったようだ。うちに案件がもっとあれば金を払ってでも雇いたい方だ。実力は申し分ない。

その昔、この先輩が所長を務める不動産会社に就職した。20代のころかな。



新規店舗のオープニングメンバーとして入社した。それまで勤務していた事業再生会社を強制解雇され(その後、その事業再生会社は不正を繰り返し社長が逮捕されたので神様が私を救ってくれたと今は感謝している)、捨てる神あれば拾う神ありという言葉が初めて体感できた時でもある。

一念発起して一生懸命に頑張ったのだけれど、営業所自体の数字が振るわずして一年半程度で閉鎖となった。



そのまま私も解雇され、しばらく路頭に迷ったっけ。私の解雇を最後まで反対してくれたのは、この先輩だ。最後の出勤の日、私の送別会を開いてくれたのはこの先輩だ。

私を解雇したその上の何もできない上司はこなかった。涙ながらに私ごときに解雇を防ぎきれなかったことを謝罪してくださった。



悲しくて嬉しくて、ホッとして、涙を流すことすらできなかった。 俺が偉そうに言えることじゃないけど、久々に人間に出会った気がした。



いつか、この方と一緒に仕事がしたい。そう思う。



事業再生コンサルタントとして、男として、こんなに甘くちゃダメなんだけど、人にしていただいた親切を忘れるほど愚かじゃない。



支援先の社長さんから電話が入る。資金繰りが窮地に立たされているとのことだ。決済資金が足りない。



当社は事業再生会社だ、しかしながら一つだけお力になれないことがある。もうお気づきだろう、当社からお金を貸すことだ。当社で指導する資金繰りを徹底して頂かないとこうなってしまう。



ただ、運の強さに定評のある社長さんだ、なんとか乗り切るだろう。 当社は支援先と地獄まで付き合う覚悟だ。



夏の終わりが嫌い、と海を眺めながら恋人につぶやく昭和の女優がなつかしい笑。日本テレビの24時間テレビが始まると夏休みはもう終わりだと残念な気持ちになっていたころが懐かしい。

8月はお盆休みや花火大会、盆踊りなどがあって楽しい季節だ。夏の終わりをさみしいと感じるのは現実を見なければならないという覚悟でもある。



当社の新規面談も秋が一番、多い。さあ、会社の資金繰りをもう一回見つめなおして、一緒にがんばりましょう。







代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

中小企業の再生と心の再生 [中小企業悩み相談]

おはようございます。くもり空ですが、涼しい朝を迎えました。やはり今年の台風は進路がいつもと違いますね。こんな年もあるのかと。



温暖化の影響でこれからは関東地方にまっすぐ北上してくる台風が増えるみたいだ。今年も盆提灯が我が家では活躍した。母親が亡くなった時に親戚のおじちゃんが買ってくれたものだが、これもこれでなんとも風情ある情景だ。

今日、この提灯を片付けるけれども来年もまた平和な心でこの提灯を組み立てることができればと思う。

オリンピックはメダルラッシュだ。狙っていた色のメダルを取れなかった選手、初出場で金メダルを取った選手、初出場でメダルは取れなかったけど決勝進出して涙を流す選手、日本と言う国は本当にすごいなと。



今日は小学校時代の友人と先祖のお墓詣りに行って、朝まで酒を飲もう。久しぶりのお休みです。



私は私で非常に忙しくさせて頂いている。なんといっても叔母の実家の建て替えが確定したので建築会社と間取りの打ち合わせや銀行とのローンの打ち合わせで非常に忙しい。俺の個人保証をしないと融資が出ないらしいが、ここは一肌ぬいでやろうじゃないか。叔母のためだ。



それでも自分の進退について、躍動感を感じる。本当に心地よい毎日だ。



資金繰りを真剣に考えている社長さんほど、底なし沼にはまりやすい。これは俺の持論だ。ほとんどの方が期限内に支払いをしなければならないと使命感を達成するための資金繰りだからだ。



責任ある代表者であれば当然のことだ。しかしながら、その使命感が仇となる時がある。どうやったってお金が無いときだ。



その時の動き方で全てが変わる。すべてが変わる。 さあ、あなたならどうする?



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

会社を経営するとは2016夏 [中小企業悩み相談]

おはようございます。この夏は本当に気候がおかしい。お盆前はあんなに蒸し暑い日が続いたのに、お盆に入ったとたんに涼しい夜と朝を迎えるようになった。



台風が近づいているとのことで、高気圧が東に偏っているから関東直撃の報も。温暖化は世界の気候をも変えてしまう。



オリンピックを見ているがやはり陸上競技が始まった途端にメダルラッシュが止まった。日本じゃナンバー1なんだろうけども、予選で負けて自分の走りが出来ました、悔いはありません・・・・・と言われてもなんだかピンとこない。私だけだろうか。



高校野球がオリンピックの陰に隠れてしまったが、千葉県代表の木更津総合はまだ残っている。実力派のチームだからなんとか優勝してもらいたいものだ。



人気アイドルグループが年内で解散を発表した。覚悟が座っている。継続はしてほしいが、メンバーの本意であれば仕方がない。



会社を経営するうえで一番大事なことはなんですか?何だとわかっていないで経営している度胸ある社長さんたちによく聞かれる。私はこう答える、心と人だと。



売上を上げさえすれば、経営は成り立つという考え方がもう通用しないことはこのブログ散々お話ししてきた。つまり経営をするうえで金に向けた時点で敗北だということ。

入金を上げていくためにはどうすればよいかを、常に考えて実行する。実行してもダメで、常に軌道修正の判断を持つ余裕さも必要だ。



つまり引き際を常に考えた120%での前進だ。心の話を書くとこうなる。



それでは資金繰りの話をしましょう。会社にとって資金繰りはその会社の司令室だと思ってもらって結構。その中身はこうだ。



会社の命は現預金だ。しかしながら会社というモノは売り上げの入金と支払いを絶えず繰り返さなければならない。一般的な考えとして支払いが集中するのが月末。



月末の現預金が100万円、売上入金が200万円、支払いが500万円。こういった資金繰り状態である当社の支援先は多々ある。こういったときに足りない200万円を調達してくる手法を絶対にとってはいけないのだ。



何故か、ここまで窮地に立たされている会社に調達してきたお金の返済能力はない。ましてやここまで来ると銀行も貸してくれないだろう。



だからこそ借りてはいけない、借りた金で払ってはいけないのだ。資金繰りの組み替えこそ、当社の真骨頂。一緒に2016年の後半をがんばりましょう。



今日はこの辺で



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
タグ:任意売却
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

3カ月先の資金繰りを常に意識する。一年の半分が終わる時 [中小企業悩み相談]

おはようございます。関東のダムの貯水率が徐々に微量ながら上がり始めている。もっともっと雨がほしいところです。



日曜日は当社のホームページの制作を任せている高校時代の友人ファミリーと一緒に千葉の富津へアジフライを食べに行った。芸人のサンドウィッチマンさんがTVロケに訪れたということで、もともと行列店なのに更に行列に拍車がかかったという。

開店は10:00だが朝8:00に店に到着して7番目だった。これはすごい!



一巡目で入店できるか心配だったがギリギリ座敷に座れた。入店が始まる際には約40人がお店周辺に集結している様子は圧巻でしたね。



一番人気のサスケ定食を注文。アジフライとアジの刺身の定食だ。このあたりのブランドである黄金アジのアジフライとお刺身、これはじつにうまかった。揚げ物だから揚げたては、おいしいに決まってるじゃないかという通説を覆すうまさだ。これは並ぶ価値あり。



千葉富津「サスケ食堂」で検索すれば一発で出てきます。目標は朝8:00前着が望ましいです笑。海の目の前なので眺めているうちに開店時間を迎えられるのもうれしい笑。ご興味のある方は是非、千葉富津へ遊びに来てください。



当社が推奨する先を見越した現預金管理による資金繰りはどの会社にもあてはめられることができる資金繰りのアルテマウエポンだ。なぜなら絶対に資金ショートを起こさない。これだけで十分だと私は考える。

大きい入金があったから、これを支払おう、これを買おう・・・・・・これは会社の経営とは言わない。ただ実際にこういった感覚の経理担当者が大多数を占める。残念だ。

こういった会社の顧問税理士も同様の考え方の人が多数いる。君たち、今まで何を勉強してきたんだい?笑



会社の決算に向けた税務については、君たちにお任せしよう。ただ、会社の資金繰りが厳しくなったときに税理士では手助けすることはできない。曖昧な節税方法を口から話して終わるだけだろう。



一番の神髄は常に資金ショートを恐怖と考えて支払うタイミングを組み替えることだ。これができないから資金繰りができない税理士は能無しと呼ばれてしまう。当社が普段、色々とご相談させて頂いている税理士さんは資金繰りができる税理士さんだ。これが本当のプロと呼ばれるもの。



資金が回っているから大丈夫だと安心している社長さんはもういっかいご自分の会社の資金繰りを確認してみた方がいい。決算書と試算表だけで確認しているようじゃ、既に黄色信号が灯っているかもしれないです。



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
タグ:事業再生
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

心あるものでいること [中小企業悩み相談]

おはようございます。西日本方面の雨がようやく関東にもやってきた。高速道路を車で走っていても、道路内の警告表示版に関東の水がめがピンチ!節水を。と表示されている。

今日の雨はなんとかダムの点在するエリアに降ってもらいたいものだ。



今日はこれから茨城方面への定期訪問だ。あいにく雨だがこの時期の雨は我慢しよう。久々の長距離移動となる。



比較的、今の時期は当社に数多くの人が来社される。金融機関、新規面談のお客様、不動産の仕入れ担当者など。皆さん必死だ。電話で営業をしていても相手にされないと危機感を感じて、自ら足で稼ぐ。すてきな話だ。

綺麗なスーツを着た色気のある男性営業が汗だくで仕入れの案件はないか、直接来社されるのだ。



私にもう少し時間があれば、応接に通して冷たい麦茶でも出して差し上げるのだが、こっちもこっちで作業が多くあるのでどうしても、立ち話になってしまう。今は不動産が当社でもかなり動いている時期で、在庫がないのと次の売出のための調査などで社内はごった返している。

ただ、足で稼ぐ営業さんの後ろ姿はなぜかカッコいい。



支援先の社長さんから昨日に電話が入った。長年付き合っている税理士だが、なんとなく実務的な提案が全く無いのと事務的過ぎてなんか腹がたつと。笑

まあよくある話だ。私も何度かお会いしたことがある税理士だが、私もこの方の態度には気になった。

事実を話すと、この人は税理士資格を持っていない。笑。ただの巡回要因だ。いい年なんだけどね。



自分に自信がないから、提案より経理さんを侮辱するような口調が先に出てしまう。何か税務の質問をすると、国税局のホムペを開いてこれを見てくださいと涼しい顔をして黙り込む。・・・・・絶句



恥ずかしくないのか?と何度も口にしようと思ったことがあるが、4流を相手にしても意味がないので私は何も言わない。何かをどこかへ置いてきてしまった、可哀そうな人間の結末だ。



実際にお金を支払う責任者の社長さんが税理士を変更したいというのなら、仕方がない。実際に変えるべきだと私も思う。当社の顧問税理士にお任せしよう。

実力は折り紙つき、しかも安い。本当に安いと思う。



実務より侮辱とも取れる口が出てしまうそこのあなた、大丈夫ですか?笑われてますよ。



税務の事だから、シビアに見なければならないことはこちらも重々承知してます。ただ、そこは絶対に譲れないというモノを持っていれば、対人間との接触はもうちょっと下から入るように今からでも遅くないから学習してほしい。



今日はこの辺で。代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg

下にいる時こそのモノの考え方 [中小企業悩み相談]

おはようごうざいます。それにしてもなかなか雨が降らずに梅雨らしくないですね。雨は嫌ですがそろそろ雨乞いしたいところです。



昨日は一週間早い父の日お祝いで自宅マンションのルーフバルコニーでバーベキューを開催した。自宅でやるのは久々だったような気がする。それでも親父は喜んでくれた様子だ。

一年にいくらもないマンションルーフバルコニーでのバーベキュー。なるべくの無風状態は本当に一年に数回あるかないかだ。本当によかった。



母親の分まで病気せずに長生きしてもらいたい。いや、病気しても長生きしてもらいたいものだ。親戚連中も集まってくれて、大賑わいだった。



今年もこうして父の日を迎えられたことを本当にうれしく思うのだ。



さて、思想と言うものが自分の運命や宿命を変えることがあるのか?



答えはYESだ。YESだと私は考えて生きている。やはり薄汚い奴はそれなりの人生になるし、言っていることとやっていることが逆のやつは、やはり落ちる。歴代のそういった人間を見ていても、やはりそうだ、今現時点で私の周りにいないのであれば死んでいるのと同じだ。



サラリーマン時代によく仕事のできない先輩の愚痴に付き合わされた。喫煙室や昼食時、酒の席など。文句があるなら辞めればいいのに笑。

20代前半の私にとってそういった先輩の愚痴を聞いてい居る時には、そう考えていた。文句を言ってまで会社にいるなよ・・・・と。



俺が一番嫌いだったのは、会社や上司の悪口を言うやつに限ってその上司に媚を売ることだ笑。こんな昭和のTVドラマのような脇役みたいなやつがいるのかと。

実際にいる笑



馬鹿を見るのはいつだって鳥かごの中で必死にやっている奴だ。なるほど、てめえがトップに立たないと努力は報われないと気づいたのは20代後半の時だ。



周りの目や体裁を気にしてたらこっちがつぶされる。やりたいことにまっすぐ力を注ぐ人生を歩みたかった。今はどうかな笑



下にいるときほど周りが良く見える。これは俺の持論だ。上にいるとき、会社が絶好調の時ほど余裕があって周りが見えるのでは?と考える人も多いがそれは見えているのではない、眺めているだけだ。



見るのと眺めるのは違う。角度も違うし、目力が違う。本気度が違うのだ。



上述したようにこういった人間の指示は殆どがブレル、間違いなくブレル、ブレル笑



会社はトップから腐るというのは本当のことだ。私も気を付けないと会社全体を腐らせる。腐った会社をいくつも見てきたから。



事を成す人は孤独だ。俳優で画家の片岡鶴太郎さんが何かの書で書かれていたのを思い出す。その孤独に耐えきってこその会社のトップだ。ブレズに前を見る、失敗するかもしれないから毎晩、恐怖との戦いだ。

前震が震えるのを私も体験したことがある。それを武者震いに変えるには、命の音を聴こうとすることだ。自分の心臓の音を毎晩聴いて、生きていると自覚する。



ボブパーソンズ氏の言葉で私が座右の銘にしている言葉がある、良い計画は明日完璧にして実行するよりも、不完全でもいいからきょうやれ。


まさにこれだ。突っ込むときは呼吸をせずに一気にいく。



会社の資金繰りの悪化で、全国の社長さんとほぼ毎週新規面談をやらせて頂いている。 悩む前に行動を、今日はこれだけをお伝えしたい。



もう少し早くお会いできていいれば、という中小企業が本当に多すぎる。



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
前の10件 | - 中小企業悩み相談 ブログトップ