So-net無料ブログ作成
住民税 ブログトップ

借金の返済ができず、経営が厳しい [住民税]

「借金の返済ができず、経営が厳しい」











と、弊社にご相談に来られた大半の中小企業の経営者様は、
自社の資金繰りが悪化している状況を刻々とお話されます。


実際に財務収支の箇所を精査すると、
いわゆる「借金返済のために借金を繰り返している」、
負のスパイラルに陥っている様子が伺えます。


このように資金繰りが悪化し始めると、必ず滞納している項目が存在してきます。
とりわけ目立つのは「税金と社会保険料」の滞納です。


上述のケースで、相談者様にアドバイスすることは、
「支払い順序」の優先順位になります。

まず、銀行の借金返済はスケジュール通り行なっているのに、
税金と社会保険料は滞納していることは否であることをお話しております。




納税は国民の義務ですから、借金返済よりも優先順位は上になります。
また「納税せず、返済して下さい」という銀行の担当者もおりません。
もし、そのような担当者がおりましたら弊社までご連絡下さい。



資金繰りにおいて納税が厳しい場合でも、先方に分割払いを申請することが可能です。延納による追加分は発生しますが、払えない事情を説明する誠実さが大切になります。



つい銀行の視線が気になり、支払いの優先順位を間違われる方がいらっしゃいます。是非、本ブログを機会に支払い順序の見直しを行なって頂ければと思います。
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

経営改善計画書 提出について [住民税]

先日のブログでもお伝えした通り、
中小企業金融円滑化法(以下、金融円滑化法)を申請された企業は、
各金融機関に経営改善計画書の提出が求められております。



申請して1年以内と定められていることから、
同書の提出期限が迫っている企業も多いかと存じます。

ご準備の方は進まれておりますでしょうか?




我々の経験論から、一朝一夕に作成できないのが経営改善計画書です。
必要に応じて、長い時間を費やすこともあり、
経理担当者が独断で作成できる程度の資料でないことは、
十分にご承知頂ければと思います。



実際に、金融機関に計画の取り組みをご説明されるのは、
経営者の役目になりますので、首尾よく行なえるようにご準備に努めて下さい。




「良く見せたいけど」
「現実離れしている計画だ」



と、経営改善計画を作成中に思い悩む場面が何度も訪れることでしょう。
現に金融機関の担当者から、再提出を求められた方も伺っております。



金融円滑化法には、金融機関が中小企業のコンサルティングに従事する旨の解説がされており、そのため中小企業が提出する計画書には注意深く添削してきます。

経営改善事項と、それを表した数値に整合性と客観性がなければ、先方は当然納得しません。

弊社が経営改善計画書のサポートを行なう際も、
上記2点については慎重に議論を重ねます。



また、先方の意向次第では「単月ベース」「年間ベース」「5ヵ年ベース」
というように、細かく資料作成を指導されることもございます。



経営改善計画書の作成に苦戦を強いられている方は、
是非弊社までお問合せ下さい。



2月度、3月度セミナー受講者募集中!(予約制、参加無料、詳しくは当社ホームページへ)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

経営相談・資金調達、資金繰り相談・倒産回避の相談ブログ~事業再生の現場から [住民税]

本日のテーマ;時代と状況に合わせた経営相談Vol.2/3~経営改善コンサルタントの本音






営業利益はいくらになるかを確認できたら、投資と財務計画です。私はまずは、財務計画から考えましょうとお伝えしてきています。



営業利益が返済原資になりますから、まずは、"今いくら借り入れているかの総額"に目を向ける前に、"いくら返済に充当できるのか"を経営陣が明確に把握しなければなりません。




事業計画上、その算出された返済に充当できる金額を基に財務戦略を立てるということです。




債権者との約束の返済(償還)予定が、現状では厳しいのであれば、上記プロセスを紙面化(営業利益の予測額がいくらであって、返済計画を見直す必要があることを書面に)して、事業継続と、良好な取引の継続の為に債権者各位に相談すべきです。






その際の返済充当の優先順位は、利息の支払いです。利息に充当して、元金返済がいくらになるかを明確にしましょう。借り入れ条件が多岐に渡っている場合でも、"事業から返済を見て"いく際には、年間支払い額を月割りにして目安を立てましょう。




そのうえで、社債償還期限が来る債務に対しての対応、スワップや当座貸越に対する対応をシミュレーションして、事業を基にした財務戦略を立てていきましょう。






重要なのは、"事業から見た返済"です。"返済ありきの事業"ではないということです。







経営相談・資金調達、資金繰り相談・倒産回避の相談ブログ~事業再生の現場からを提供する株式会社アセットアシストコンサルタント



各種セミナー(2月・3月)受講者募集中!受講料無料

Kazuya Noro

バナーを作成

東京商工会ビジネス伝言板→http://www.b-den.net/company/show/id/6933





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

住宅ローンが払えない!寺子屋塾「住宅ローン滞納延滞・住宅ローン未払い・任意売却相談・自宅を売却しても住み続ける方法・競売回避の相談ブログ」 [住民税]

本日のテーマ「住民税の滞納と自宅の差押え」



いやあ~本当に寒いですね。体型のおかげで超暑がりの私もこの2~3日はさすがに厚手で外出しております。コートを着て手袋をしてもその上から冷気が襲ってくる!そんな寒さですよね。インフルエンザに感染している方々も111万人を突破したとか。



風邪を治すには何よりもお医者さんが処方する薬とビタミンCと睡眠だそうです。あと、就寝する時の衣服も厚着をするのではなく上半身で言えばインナーのシャツ1枚と長袖のシャツを1枚を着て敷布団と毛布と掛け布団1枚ずつというのがベストだそうです。さて、当社のある秋葉原も春節を迎えた中国の観光客の方が大勢お買い物を楽しまれている姿を見かけます。



景気の良い話で何よりです。TVなどでも拝見しましたが、炊飯器やデジカメ、ドライヤーなどを数十個単位で購入されていきますね。売場のスタッフさん達も中国語が堪能な方を大勢配置して臨戦態勢と言ったところでしょうか。炊飯器やデジカメなどの人気商品に負けず劣らずの商品が爪切りだそうです。日本製の爪切りは非常に性能が良く、お土産にも重宝がられるそうです。50個~100個単位で購入していく方も普通にいらっしゃるようです。





さて、昨日に当社へ税金滞納のご相談で来社された方は住民税の滞納により自宅を差押えされてしまったご相談者でした。住宅ローンこそはあと5年で完済が予定されている方です。しかしながら雇用の状況が不安定な今の日本で、税金の滞納による不動産の差押えのご相談で当社へお越しいただく方々が後を絶ちません。



あまりにも税金の納税についての考えが甘かったというしかありません。当然、納税義務のあるものはきちんと納めなければなりませんが、税金の納税を甘く見ると自宅を手放すことに・・・・必ずなります。住宅ローンの支払い、各税金の納税、生活費等の捻出に苦しんでいる方が多い時に、雇用と社会保障が超不安定な今この時に消費税増税を検討する日本のトップへ本当の社会保障って何ですか?と聞いてみたいです。



先日のブログでも書かせて頂きましたが、「自殺」というキーワードでのインターネット検索が日に1万件を超えるこの日本。お金の悩みでの自殺者を減らしたいです。当社のスローガンは「再び生きる!」です。



もし縁あってこのブログを拝見されている方で該当する方がいらっしゃいましたら2月の当社のセミナー(予約制、参加費無料)へ出席してみませんか?昨日の税金滞納によるご相談者についても当社がきっと再生してみせます。 今日はこの辺で。

住宅ローンが払えない!寺子屋塾「住宅ローン滞納延滞・住宅ローン未払い・任意売却相談・自宅を売却しても住み続ける方法・競売回避の相談ブログ」を提供する株式会社アセットアシストコンサルタント



Kazuya Noro

バナーを作成

東京商工会ビジネス伝言板→http://www.b-den.net/company/show/id/6933





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
住民税 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。