So-net無料ブログ作成
自殺 破産 ブログトップ

月命日に何を思うか [自殺 破産]

おはようございます。
東日本大震災から昨日で5年11か月です。
昨日の夕方のニュースで、津波に巻き込まれ行方がわからなくなった福島県の各沿岸部にて警察による一斉捜索が行われている様子が映し出された。鹿児島県から来ている警察の方もいらっしゃった。

東日本大震災では、津波に巻き込まれるなどして、福島県内でいまも197人の行方がわからないままであり、警察の方々は、はじめに犠牲になった人たちに祈りをささげていた。

私も仏教徒であり、毎月の月命日には手を合わせる。自宅の仏壇には月命日がわかるように日めくりのカレンダーまである。母親、爺ちゃん婆ちゃん、小学校時代の友人、遠方のお墓で眠っているおじさんなど。

月命日は毎月必ずおとずれる。その度に涙を流すわけにはいかないが、その故人を思い出すだけで供養になるとその昔祖母に教わった。寂しさを紛らわすため仏壇に向かってお経を唱えている祖母の横に座り、母親の帰りを待つ幼少の頃の私のいい思い出だ。

その祖母が故人となり、今は私が受け継いだ。生きていくうえでの私の使命とも思う。

石巻市内において、震災後にタクシーの運転手さんたちが「幽霊をタクシーに乗せてしまった」という話が後を絶たない。石巻は地震と津波によって6000人近い尊い命が失われてしまった場所だ。

客として乗車させた人が、目的地に到着するとその姿は無くそこまでのメーター料金は運転手さんの自腹となる。こんなオカルト話を卒論にした女子大生がいてニュースとなった。海外でも評価が高く、当時注目されたらしい。

医学的にはPTSDがそれを引き起こしているとの見解もあるらしいのだが。何も知らぬまま津波に飲み込まれて亡くなっていった方々のまだ死にたくない!という最後の念がそれを引き起こしているのかとも思う。

まだ遺骨が発見されていない方々の一日でも早い発見を私も祈ろう、災害はこの東京にだって必ずやってくる。
私だって事故で亡くなるかもしれない。その時に、月命日を意識してくださる方がもっともっとたくさんいてくださることを信じたい。

月命日には今日も生きて、生かされていると意識したい。今日はこの辺で。


代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg本 表紙1.jpg
タグ:任意売却
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

我欲を捨てる度胸 [自殺 破産]

おはようございます。久々に土曜日に休んでいる。ここのところは叔母の不動産取引につきっきりで本業と合わせて年末から本当に忙しかった。

やっと一息つけるだろうか。

愛車のフロントガラスに飛び石でヒビが割れてから車を通勤で使うことを控えた。あのひび割れを発見した時の絶望感はなんとも悲惨だ。毎日乗っていたことを悔やむときもあり、毎日乗りたいのだけれどもなんとも悩む。

昨日は神田の支援先の経理作業を行った。金曜日に放映されたカンブリア宮殿が高視聴率で請求できる売掛金も若干サービスがついて、担当したプロデューサーも満面の笑みだった。

何を隠そう、私もこのカンブリア宮殿に出演した。笑。かなりの笑い話になるが、番組の内容は別として私がメタボおなかのモデルとして2秒ほど出演したのだ笑

本当の笑い話だ。初のテレビ出演がお腹だけであり、しかもカンブリア宮殿とは。悲しくもうれしくもある。

最近はもっぱら電車で通勤している。先ほど書いたように大事にしていた車のフロントガラスが破損してしまったので、今は正直毎日乗る勇気が無いのだ。

生まれ持ってのスピード狂!飛んでくる飛び石だってかなりの威力がある。

今までは電車に乗る際には普通車両がどんなに空いてようが、まずはグリーン車。どこか普通車両に乗ることを負け組だと思っていた。この1年間、本業と叔母の事業の掛け持ちで収入が3倍になったことも理由と言える。

数年前に普通車両に乗っていて、酔っ払いと大喧嘩になり頭を叩かれた事件もあり笑、満員電車に乗ることを嫌がっていた自分もいた。殴りはしなかったが口で応戦したため警察沙汰となった。悪いのは向こうの方で、完全に平謝りだったが、なんとも後味の悪い年末だった。



しかしながら、歳のせいか本をよく読むようになっていて集中して読みたいときはグリーン車よりも普通車両の方が本が頭に入ってくることを今更ながらに覚えた。

グリーン車は静かすぎて音読が出来ない。普通車両はいろんな人が話しているし、音読をしながら本を読んでいても目立たなくて非常に頭に入ってくる。今更ながら受験生並みの集中力で毎日の通勤を読書の時間として利用している。

もっともっと自然体で生きていたいなと思った。ここから先、もっと上のステージにあがることは簡単だ。金を使えばいい。たとえ一人であっても。

難しいのは上のステージに上がった時にそこで新たに作る会社を経営し続けることができるかどうか?今のままじゃ無理だろう。

当社のお客さんも過去の成功にしがみついて、なかなか我欲を捨てることができないでいる時がある。そう、丸腰になることができないのだ。

あなたの会社にもいるだろう?自分より格下の人間としか勝負しないやつ。常に私はあなたより勝っていると重箱の隅をつつきながら1ミリでも大きく見せようとするやつ。

すべては放っておく。本気で相手にしない。不安は放っておこう。この三原則でいい。そして常に元気の自家発電をする。自家発電の方法は人それぞれだから、教えてあげることはできない。

常に丸腰で上等だ。どんな状況に立たされても、自分で自分を信じ続けよう。 今日はこの辺で



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg本 表紙1.jpg
タグ:任意売却
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

番狂わせの夜に [自殺 破産]

本当に驚いた。誰がトランプ氏の当選を予測しただろうか。やはり持っている人間は違う。


顧問税理士の元へ決算報告を受けるために支援先社長と向かう。朝からアメリカ大統領選でテレビを見たいけれど仕方ない。どうせクリントンでしょう、と誰もが思っていた夕方15:00.

トランプがリードとのテロップが各局のテレビで目立ち始める。まさか!

そのまさかは、現実となったのが夕方16:00過ぎ。AP通信がトランプ氏へ当確を出した時点で、奇跡の寄り切りとなった。

やはり、持っている男は違う。  これを書いている私も未だに信じられない。


昨日は私も支援先の顧問税理士との会談の場で番狂わせを演じた。決算報告を受けて、全て税理士に規定通りの仕事をさせた時点で、今期限りで結構ですとお話しさせて頂いた。

目が点になる巡回要因と看板税理士。仕方がないよ、現実味が無く、あなた自身もやったことがないような架空の税務を年一回話しても誰も信用しないし、相手にしない。

こちらもこちらで寄り切った、というより不戦勝か笑


長年、お疲れ様でした。そのあなたが語る、やったこともないような税務に手を叩いてくれるお客様だけを大事にね。


世の中は経験ではない、カネでもない、残念ながら学歴は死語だ。その時の、今の、情熱だ。

マッチに火をつけて、6秒後に消える、その消えてしまう瞬間までに何の行動を起こして次のマッチに火をつけて、マキや炭に火を灯してどれだけ長く点らせるかだ。


昨日はトランプ氏にそれを教えてもらったような気がする。勝てば官軍か笑


この大番狂わせの夜に、完敗だ。トランプ氏は間違いなく勝てないと思っていた私は本当に恥ずかしい。私もまだまだだ。しかしながら、事業再生を達成するという気持ちはトランプ氏に劣らない。


トランプ氏もクリントン氏もお疲れ様でした。偉大なるアメリカは結構だが、日本をいじめないように笑


やはり持っている男は強い



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpg本 表紙1.jpg
タグ:任意売却
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

任意売却事業再生ブログ 従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル [自殺 破産]

任意売却事業再生ブログ 従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル

自らの手で会社を回復させよう!景気回復を待っていては再建が難しくなるだけです!




景気が良くなり、自分の会社の業績も上がる。売り上げが上がる事を期待している中小企業の経営者は多い事でしょう。実際に政策の恩恵を受けて売上が回復しているところもあると思います。また、消費税増税を前に駆け込み需要で売上が伸びているところもあると思います。




では、あなたの会社は?あなたの収入は?と聞かれれば、まだまだ多くの中小企業の経営者は、何となく兆しとしては良くなりそうな感じもあるけど、実感として「よし、忙しくなってきた!これから良くなるぞ!」と言える経営者は全体としては少ないのではないかと思うのです。




特に平成元年以前の10年間くらいのバブル期に会社を設立したり、資産形成の為に有価証券への投資、不動産の購入、大規模な設備投資、事業の拡大を行ってきた中小企業は、銀行融資も受けやすく債務を膨らませてしまいました。当然悪気はなく、右肩上がりで返済出来ると踏んで将来のために投資してきた借入れに違いありません。




しかし、バブルは崩壊し、不動産をはじめとする資産価値の下落に、融資の総量規制がかかり、投資も消費も落ち込んで行きましたね。




大型倒産も、金融機関の統廃合をも引き起こしました。




その後の失われた20年、リーマンショックもありました、東日本震災もありました。




何とか今日まで事業を継続したものの、重たい債務を背負ったままでは、苦しい状況を続けながらも何とか生き抜いてきたのだと思います。




今、景気の好循環を目指して様々な政策が出始めてきていますが、景気の好循環で会社が回復する状況を待てない会社も多いのです。




政策が中小企業に使いやすいものではない、実態から乖離しているものであるからこそ、その予算が使いきれていないのでしょう。




海外進出への支援、製造業への、ものずくり支援としての設備投資支援、業態変更の支援、再生支援としては、金融円滑化法が終了した今、支援協議会や認定支援機関の活用などがあります。




しかし、どれも現実的活用による効果が出難いものだったり、今一つ的外れだったりだと思います。




本質は、金融機関、保証協会、政府系金融機関が中小企業全般に適正なリスクを取りながら融資し易い条件の緩和にあるはずです。




中途半端な条件付けを伴った緩和はもう見直して、特別枠で経営計画が適正なら、その会社が保証枠がいっぱいだろうと、リスケ中だろうと、まとまった資金を長期の返済で融資するくらいでなければ、早期に日本国中の景気回復は出来ないと思ってます。




これから消費税があがり、来年の納税時期からはさらに資金繰りが厳しくなっていくところが増えるでしょう。




対策は取れます。自分で出来る対策があるはずです。一緒に乗り切って行く気持ちと覚悟があるのなら、まだ、あきらめるのは早すぎると思えるなら、どうぞ私達に会いに来て下さい。


全国書店にて、好評発売中
yjimage[1].jpg
本 表紙12.jpg
経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
代表の野呂のインタビューがコンサルBankさんのサイトへ掲載されました。
Kazuya Noro

バナーを作成

住宅ローンが払えない!寺子屋塾







人気ブログランキングへ
~良かった記事にはランキング投票をお願いします。~

(アイコンをクリックすると投票されます)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

決算報告書 勘定科目内訳の理解 [自殺 破産]

日本において3月決算の企業は多いと思います。
私が会計事務所に勤務していた頃は、この時期は多忙を極めておりました。
まさに一大イベントであったことを記憶しております。



本題に入ります。
経営者様と決算の数字についてお話させて頂く時、「中身(内訳)」について質問する場合がございますが、即答できる方が非常に少ない印象がございます。




勿論、経理担当者や顧問税理士の先生は把握されているかと存じますが、
貸借対照表・損益計算書の数字の箇所を理解しているだけでは不十分と言えます。
各勘定科目の内訳をご理解された上で、自社の決算状況を把握するように努めて頂ければと存じます。



決算報告書には、勘定科目の内訳書が添付されております。
会計の知識が乏しい方でも容易に把握することができますので、この機会にじっくりと見直して下さい。




金融機関と交渉する場合でも、担当者から勘定科目の内訳について指摘される場合がございます。
きちんと説明できるレベルであれば、先方にもたれる印象も変わりますので万全の準備を心掛けて下さい。



とりわけ、リスケジュール期間中の企業においては、先方も慎重な対応をされますので、「決算書を提出して終わり」ではなく、過去の報告と今後の経営方針について、建設的な議論が展開できるようにして下さい。




一番良くない例として、「決算のことは税理士に任せている」
と発言してしまうことです。
これでは、経営者としての資質が問われるのも無理はございません。



会計の勉強を一から始める必要はございませんが、自社の数字の内訳に関して敏感になって頂ければ幸いです。
以上を踏まえて、来期以降の経営が順調に推移できるよう取り組んでみて下さい。



Kazuya Noro

バナーを作成

東京商工会ビジネス伝言板→http://www.b-den.net/company/show/id/6933





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

給与削減における経営再建を考える [自殺 破産]

給与削減における経営再建を考える

昨今の報道では、公務員の給与削減が大きくクローズアップされております。
そして、公務員採用の枠を減少させる法案が議論されているようです。



国や企業に限らず、支出を抑制する手法において、人件費の削減は大きなコストダウンとなりますが、その反面として業務レベル低下といったリスクを伴うことは周知の通りです。



本ブログでも再三お伝えしておりますが、
経営資源の優先順位は「ヒト・モノ・カネ」です。


多くの中小企業が、短絡的に従業員の給与を削減している現実があり、抜本的な経営改善に踏み切れていない様子を伺えます。

リストラはあくまで最終手段になります。
「無駄な経費」を抑える予算編成こそが経営改善のポイントです。



自社のビジネスモデルにおける「費用対効果」を検討し、資金繰り計画と予実管理を徹底することで、筋肉質な経営体質を構築することが十分に可能です。



タイトルにある「給与削減における経営再建」の是非について、個人的な意見になりますが、国の政策から民間企業が追随するかのように給与削減を実施する傾向を懸念しております。

どうか、経営資源の優先順位を念頭においた見直しに着手して頂ければと存じます。




Kazuya Noro

バナーを作成

東京商工会ビジネス伝言板→http://www.b-den.net/company/show/id/6933





タグ:自殺 破産
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
自殺 破産 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。