So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
中小企業悩み相談 ブログトップ
前の10件 | -

社長のトリセツ~何があっても明るく生きるには [中小企業悩み相談]

お金があることが人間の幸せか? 私はイエスだと思う。

お金が無くて、毎日お金を恋しく思うことは不幸せか? 私はイエスだと思う。

明日食べる米が無くて、自殺しようと思う人間をどう思うか? 私は自業自得だと思う。


どこに人間の幸せがあるか? 人それぞれだと私は思う。


例え明日死ぬとわかっていても、やり直せることはできるし。世間の目なんて何の指標にもならんし。


今日も、明日も、明後日も、順調に問題だらけ。これからも、新たな苦労が次々に生れてくるでしょう。
 これは、北海道の浦河で精神障碍者たちの支援にあたる元看護師の向谷地(むかいやち)悦子さんの言葉だ。問題が出ても動じないのは、彼らと、苦労や弱さを取り除くのではなく共有し、「大切な苦労」の主役となって、自分で自分を助ける手だても講じられるようになったからだという。(『行き詰まりの先にあるもの』より、「折々のことば」朝日新聞2月7日)
 
 つらいことに直面したとき、自分などが想像できないほどつらい体験をくぐり抜けてきた人の言葉から学ぶことは多い。
 以前このブログで紹介した鴫原(しぎはら)良友さん。3.11後の原発事故で行政や東電から翻弄された福島県飯舘村の中でも最も放射線量の高い「帰還困難区域」長泥(ながどろ)地区の区長である。住民は土地も仕事も失い、家族は離散し、高齢者は仮説住宅に引きこもって精神を病むという状態に陥り、鴫原さんは住民と行政の間に入って、何度も死にたくなるような苦しみを味わってきた。
 鴫原さんは私たちに生きる姿勢をこう語った。
《「忙しくてどうしようもない」「金がなくて困った」「仕事がうまくいかない」、こういうのが最高の幸せですよ。毎日、働いて生きるのがいいのです。みなさん、今の暮らしを大事にしてください。》
 さらに、
《辛いこと、嫌なことがやってくると、「それきた」と喜ぶようにしている。これも試練だろうと前向きに考える。》という。

生きることは辛いことが99%、残りの1パーセントを頼りに生きてください。それが人生です。

私の母親が亡くなる2日前に私にショートメールで送ってくれた最後の言葉です。

今、その通りだと実感します。



今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

社長のトリセツ~お前の魂と一緒に生きよう [中小企業悩み相談]

社長のトリセツ~お前の魂と一緒に生きよう

昨日、ブログが夕方になっても更新されないので支援先の社長や知人から電話が鳴りやまなかった。

恐れ入ります。親戚の結婚式だったもので。親父側の親戚の結婚式だった。茅ヶ崎の。

挙式は江の島の真ん前のすてきなイタリアンレストラン。飲んで飲んで飲んで、濁声あげてバカ騒ぎしようと企んでいたが、訃報が入ったのが前日の金曜の午前中。

親戚の叔母ちゃんからだった。結婚式を挙げる妹の兄貴が電車に引かれて亡くなった。

歳は私のいっこ上。

挙式は中止にしまいと妹には伏せて挙式を迎えた。 あいつがいればどれだけ濁声上げれただろうか。

親戚のお姉さんと涙を流しながらビールを飲んだ。飲んでも飲んでも酔いません。


栄転が決まって同僚と夜まで飲んで、それでも飲み足らず朝まで一人で飲んだらしい。嬉しかったのか、カミさんと子供と単身赴任になることを寂しく思ったのか。

一人で飲んで、朝5時代の列車にひかれた。 即死だ。

酔いすぎてホームに転落、回送列車に跳ねられた。


妹の結婚式の前日に列車に引かれて即死する兄貴がどこにいる?


最初は自殺だと誰もが思うが、事故らしい。 栄転が決まって妹の挙式の前日で飲み足りなかったのだろう。


私の母親の通夜にも葬式にも参列してくれた。通夜の夜に俺と一緒に朝まで飲んでくれた。
妹の挙式で俺以上に喜んでくれた。

来週に通夜と告別式が執り行われる。 中学生と小学生の子供を残して死ぬんじゃない!


今日、遺体が実家に運ばれた。 皆、号泣だ。


お前の親父がお前に放った言葉を俺は忘れない。 最初で最後、おおバカヤローになったと。

うちの親父も号泣だ。

安らかに眠れとは言わない、とっとと生き返って家族を助けろ。

 以上  


ありがとうな泰一。ちょっと気持ち高ぶって悪さしたか? 母親が泣いてたぞ、遺体が帰って来てくれただけでうれしいと。

俺もお前と一緒に生きる決意をしたよ。 


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

社長のトリセツ~一歩前のこの道を進む [中小企業悩み相談]

今年は早々に数多くの出来事が起こる。自分の気持ちにも変化が訪れていて、先に先に未来の話と共に進んでいきたいと考えてしまう。

先週は高校時代の仲間4人と酒を酌み交わした。結婚する奴がいて、毎日汗だくになって工場で働いている奴がいて、子供のために必死に毎日頑張っている奴がいて、私がいる。

夢を夢のまま終わらせるのではなくて、叶えたいから前へ進む。私はそう思うのだ。

大凶だった2月が終わり今月は大吉らしい、あまりこういった占いは信じないけれどもいい時だけは信じよう笑

何かが背中を押しているような気がするものだ。

電車に乗っていても参考書を必死に読み漁る学生が増えた、受験に向けての最後の追い込み。それにしても電車の中で立ちながら歩きながら勉強している学生は頭がよく見える。

同級生の息子も無事に高校進学が決定したと朗報が入る。私も高校と大学の合格発表が届いた時には奇声をあげて喜んだものだ。

学生の就活も解禁され各説明会が大盛況のようだ、それでも有名企業に入るには至難の技であり、大企業に関しては売り手市場ではないらしい。 誰だって入りたいよね。

こういったときにすぐに就活を始められる学生は優秀な証、前へ倣いで始められる学生もギリギリセーフ。
こういった学生を横目で見ながらヤバイ!と思いつつも行動にできなかった私はその後絶対に苦労する笑

人生好きに生きてほしい。

進むことが全てじゃないが、人間は進まなければならない時が必ず来る。そういった夢列車に普通に乗ってこなかった私は、今年いよいよ前へ進まなければならなくなりそうだ。

どこへでもなく、何時にでもなく、ただただ目標に向かって進む時期が来たみたいである。

来年が楽しみだ。

今日はこの辺で。


代表取締役 野呂一哉


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

社長不動産のトリセツ~リースバックの極意 [中小企業悩み相談]

おはようございます。夜はなかなかの極寒です、まだまだ寒い日が近づきますが年度末に向けて最後の力を振り絞りたいところです。

土曜日の夜は中学校の同窓会が地元で行われまして、参加させていただきました。皆40歳となり、数多くの経験をして角が取れて笑、逆に角が増しているような人もいて、なかなか喜怒哀楽の激しい飲み会でしたね。

子供が今年で大学入学となる夫婦がいるが年間200万円もの学費が必要となる学校へ入学させるとか。いやあすごいなあ。

20歳で結婚をしてそのまま地元の新聞店に入り最初は朝夕と新聞配りをしていた男だけれども、いつのまにか経営者となり今では月収が100万円ですと。大学生時代に私が朝まで夜遊びをして朝帰りに地元に帰るとこいつはいつでも汗だくで新聞を配っていたっけ。

30歳までは完全に差を付けられたいたなと考えていたけれども、今やっと対等かな笑。


ここのところリースバック案件が顕著だ。何としてでも住み続けたい、手放したくないという方々だ。不動産仲介会社の交渉によって所有権を一時的に不動産投資会社へ移転する。

移転した時点で自分のものではなくなるから、賃料を払って住み続ける。数年後に身内で買い戻してめでたしめでたしという話なのだが。


リースバックを依頼する前の極意とチェック項目をここに書きます。

1.リースバックは賃料を支払い続ければ済み続けられるという考え方ですが、投資家に対して新たに物件価格+購入諸費用+購入の仲介をする不動産会社に支払う仲介手数料の3つについて新たに借金をすることの認識が必要。

2.その借金全額に対して10%~15%の高利での借金となること

3.賃料の支払いは投資家が捻出した物件価格+購入諸費用+仲介会社に支払った仲介手数料の総合計金額×10%÷12か月が毎月の支払額。これに固定資産税の年額の1/12、マンションであれば管理費修繕費が乗ってくる。 毎月の支払いは決して安くない。

4.基本的には投資家さんへ所有権移転をする際に必ず、買い戻す際の特約付きで契約をする。ここは要チェックです。ここで買い戻しの特約を付けずに手放すと投資家さんの言いなりになるしかない笑

手放す際に誰で買い戻すのかを計画しておくこと。 可能であれば不動産業者に所有権移転をすることは避ける。業者は会社であり、会社の経営は船と同じだ。順調な時にはリースバックでお金を増やすことを模索するが雨と嵐がやってきたときにはその大事な資産を売り払われしまうかもしれない。

5.リースバックを依頼する不動産仲介業者はできれば資産処分を得意とする不動産仲介業者には任せてはいけない。対象物件が自宅などではなく事業用の工場や店舗、倉庫などなどであれば尚更です。
会社の中身を見てくれて、何年後に買い戻せるのかそのエビデンスを示してくれる会社がベターです。

本当にそのリースバックが必要なのか?ただ住み続けたいで始められるほど生易しいものではなないのです。

リースバック後に無理な賃料設定をして二次破綻を引き起こしたサラリーマン世帯や企業経営者をなんども見てきた。投資家や投資業者、不動産業者に一度所有権移転をしてしまえば、もうあなたのものではなくなるのです。

不動産仲介業者の売り上げは仲介手数料がメインです。そのあとも会社の経営状況を見ながらアドバイスをくれる仲介業者にリースバックは任せるべきだ。

慎重にいきましょう。 今日はこの辺で。



今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

長不動産のトリセツ~時代に合わせるか時代に乗ってしまうか [中小企業悩み相談]

平昌オリンピックが始めって一日半、メダルが期待されている日本選手もいたけれども、世の中そんなに甘くはない。まだまだ出場できる種目はあるので最後までよろしく。

アパートローンの大原則が騒がれて早一か月、事実だが建てる人がいない時に本物は建てるのだ。初めて建てる人では難しいけれども銀行との固いパイプを育ててきた大投資家は人がやらないときに実行して周りの人間が夢中になっているときはその現状をじっと見つめているものだ。

うらやましい話です。


今年の夏あたりから不動産市況が悪くなると騒がれている。物件を購入する人が減って市況が悪化するという。ほぼマスコミのデタラメ報道と何も予測できない経済アナリストの責任なのだが笑

こういった市況に敏感に反応しようとする不動産業者も多い。時代の逆を張って次の市況で利益を上げる方々だ。しかしながら同じようなことをする業者も多いから安くは買えない。不動産て怖いものだ。

それと同時に今までの各種パイプを頼りにオンリーワンの情報を掴もうとする本物も出てくる。

こういった方々が次の不動産好景気に笑うのだ。私もこの機会を狙っている一人だが世の中そんなに甘くない。

ビットコインやコインチェックなども最初に情報をもらって安く買っている人が笑っている。リスクを覚悟でポン!とジャッジできた人々。これはこれですごい人たちだ。


CM始まった時点で餌にされていることを忘れないように。

オンリーワンの情報を必ずつかむ方法、私の2018年の課題はこれです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

人に始まり人で継続し、人で踏ん張る [中小企業悩み相談]

おはようございます。今日は茨城県内の支援先を朝から2社ほど定期訪問させて頂きます。すがすがしい朝です。

私の愛車がフロントガラスへの飛び石によってヒビが入り、今日から入院だ。支援先である車販売業者に依頼する。今日、訪問することがわかっていたかのように、昨日にヒビが入った。これも運命か笑

悲しいが仕方がない。車に詳しい友人に相談したところ、彼は過去二回も被害にあってフロントガラスを全面交換したらしい。俺は運がいいのかな笑

オフィス街のポストは夜になると投函された郵便物でいっぱいだ。実際に投函したい自分の郵便物がポストへ入らない時がある。オフィス街で働いている人は経験がある人もいると思う。

投函しようとすると前に入れた人の郵便物を手で触ることができる。抜こうと思えばできる、やらないけど。悪意のある人間に盗まれたらどうすんだ?と思いながらその場を立ち去るのだが・・・

これだけ常識のない人間が社会人にいるのかと悲しくなってくる。会社の大事な郵便物を他人の手に自由に触れさすなんて・・・・そう思いませんか?

安全大国日本ですか?????


私の会社の社員が会社の郵便物をこのように投函していたら、はっきり言って懲戒免職だ。コンプライアンス?誰のための言葉だろうか。やはり、日本のサラリーマンOLは無能なのか。

完全に投函しきれない郵便物を中途半端にポストに置いて、なぜ帰路につける?はっきりと言わせてもらおう、お前ら人間として頭大丈夫かと。


人のマネジメントが一番難しい。人を使うのが一番難しい。私も経営者として痛感する。

ただ、私が週に数回ほど経理担当者として行かせて頂いている番組制作会社は人により仕事が生まれ、人によって売り上げがあがり、人によって時には報酬の支払いを我慢してもらって会社が継続している。

会社にとって一番大事なのはヒトだ。ヒト、モノ、カネ、モノもカネも人次第。 難しいねえ経営って。


今日はこの辺で。






代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
タグ:事業再生
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

常に理想を持ち、希望を持ち [中小企業悩み相談]

おはようございます。TVやラジオ、インターネットでもクリスマス商戦&年末年始商戦が始まった。

ケーキやチキン、おせちやタラバガニ笑、など。今年もここまで来たかと一年を振り返ってしまう。前期は不動産に絡むビジネスが殆どなくコンサルや会計業務に没頭していた感がある。

今期は今期で、逆に不動産の仕事がバット増えて、そりゃ大忙しだ。叔母の経営する不動産賃貸管理会社の方も大忙しで、顧客の紹介やら契約やらで年末も30日まで出勤予定だ。本当に悲鳴を挙げたくなる。笑

当社も年末最後の定期訪問が先週から始まっている。今年も一年間、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。月並みな言葉だが、私はこの言葉が大好きだ。

資金繰りの状況は別として、今年も大晦日を迎えることが出来、新年を迎え入れることができるからだ。これだけでいいのだ。

こうして年末にブログが書けていることに感謝だ。


金を借りることしか頭にない社長さんがいらっしゃるとしよう。あくまでも仮定だ。その会社に神様がお金をポンと出してくれたとしよう。

その会社はどうなるか?3か月後にはまたお金が借りたくなるのだ。つまり、ある一定の止血措置を実行しないと、神様がくれた金は水の粟だ。

お金は生きた使い方をしないと意味がない。この年末、当社へのご相談も時間刻みで予定が入っている。設備投資や新たな制作のための施設を借りたり買ったりするお金ならばこの限りではない。

殆どの社長さんが取引先の言われるままに、ただの支払いのために使ってしまうのだ。これは生きた金の使い方と言わない。ただ支払いだ。

ただの支払いのために融資してもらった金を使うとどうなるか?借りる前と借りた後で・・・・・・・何も変わらないのだ。


理想や希望を持つとは非常に怖い言葉です。理想や希望を持った時点で、今の資金繰りへの考え方を一度リセットしなければならない。

リセットできる社長は2年後に浮上する。これは私の経験値の話だ。リセットできずに、ダラダラと今までの状況を続けて繰り返し融資を受けることを希望する社長さんは逆に2年後に死ぬ、会社と共に。

私には理想と希望が常にある。理想と希望を持つたびに今までの自分の考え方を改めるようにしている。

今日はこの辺で

代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
タグ:任意売却
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

いつも通りの年末年始のために [中小企業悩み相談]

日曜日は久しぶりに寝ることができた。月曜日から土曜日までフルで働いて日曜日でリカバリーする生活が常となった。これでも幸せだ。

自宅近くに行列のできるラーメン屋ができたというのでカロリー気にせず一人で下見へ。二郎系統のお店で店主さんは有名な方らしい。呪文のようなコール(野菜やニンニク、スープの濃さ)などを隣のお客さんのマネをして注文。

久々だなあ、それでも量が多い、若者のラーメンだ笑。でもうまい!これはくせになりそうだ。それにしてもお客さんがひっきりなしに入ってくる。これまたすごい!

千葉三越や千葉PARCOが閉店することになり、このタイミングでJR千葉駅の改装オープンの一次がいよいよ今月の20日だ。まさにスクラップアンドビルドの精神。

私の近所でも長年、工場跡地として何も建てらなかった土地にスーパーができたりショッピングモールができたりと消えていくのものと新たに生まれるものの動向が見えるのも面白い。

近所に某都市銀の支店ができるのも非常にうれしい。最終的にお金を使ってくれる相手に対して何が提供できていたか・・・・を考えさせられる。

昔からあるから今もある・・・が通用しない時代になってきていると感じるのは私だけか。

土曜の夜からガンガンとパトカーやら消防車がやたら多かった。千葉でも一応は官庁街に住んでいるので緊急車両の音は激しい。もう慣れたけど。

千葉市内での事件や犯罪をメールで教えてくれる機能があることに昨日気づいた笑、色んな事細かい新聞やテレビでは決して報道されない事件が何気に身近にあることに気づかされる。

自宅周辺でもひったくり事件や車上荒らしが多発している。意外と治安悪いな笑


11月に入り、続々と新しい支援先との契約が続く。資金繰りで悩む中小企業の方々との出会いは非常にうれしく、そして今年も年末まで忙しくさせて頂けると時間するのだ。悩む前に行動をする。借りる前に相談をする。自己破産が全てじゃない。

売上と顧客、従業員がいるならばどこからだって這い上がる。まさにヒト、モノ、カネがそろっている状態で自己破産は自殺行為だ。

まずは今やれることって何なのか?を一緒に探しましょう。それが当社の事業再生だ。



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg本 表紙1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

男の矜持 [中小企業悩み相談]

朝方と夜はすっかり秋だ。昼間はまだ暑い。私はそう感じる。



当社の入るビルの目の前には何かしらのモンスターが滞在しているらしい。ポケモンGOユーザーが必ず足を止めてスマホを操作する。無縁の私には全くわからない。笑



秋葉原の柳原通りはなかなかの大盛況だ。今週は私には休日が無い。支援先の経営改善計画書の作成でタバコを吸う暇もないのだ。ありがたい。



日曜日も支援先の経営改善計画書の作成に魂を吹き込んだ。なかなかの出来だ。これでリスケジュールも承諾してくれるだろう。



昨日の東京新聞にプロボクサーの長谷川穂積さんの記事が載っていた。5年ぶりに世界王者へ返り咲いた記事だった。すげえ!



まさに男の矜持、あきらめなかった、どんなに苦しくったって心は折れないと記者である森合氏は記事を続ける。私も私でボロボロ涙が出てきた。



私ごときが長谷川穂積さんを語るのはまことに失礼だが、長谷川さんは母親をガンで亡くしている。私も同じだ。



その昔、長谷川選手のお母さんが生きていらっしゃる頃のドキュメンタリー番組を拝見した。闘病しながら息子の勝ちを祈る母親と息子である長谷川選手を追ったドキュメンタリー番組だ。



闘病中の母親にできる限りの高額な保険適用されない治療をと自分のファイトマネーで世話をする姿が本当に印象的だった。



母親が闘病中に私は経済的な援助を何一つできなかった。24歳だった。だけど長谷川選手は有言実行で勝ち続けた。俺には真似できない。



だからこそ、王者に返り咲いた長谷川穂積を本当にすげえ奴だと思う。



あきらめない、どんなに苦しくたって心折れない、自分自身へもう一度言い聞かそう。



日本中の中小企業の社長さんへも発信したい。あきらめて、心折れた時が経営する会社の死亡推定時刻なのだと。



明日からもっと目の前の仕事に取り組もう。



長谷川選手のお母様が亡くなった時のブログがまた泣ける。是非→http://ameblo.jp/hozumi1216/entry-10686287014.html



代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

宿命転換・・・人生山あり谷あり、山の方が大変だ [中小企業悩み相談]

おはようございます。涼しい朝ですね。台風が近づいているみたいです。お盆前には水不足のニュースが飛び交っていましたが、今は水不足より台風による災害を心配しなければならない。



まあ、こんなもんですね。笑



久々にしばらく言っていなかった居酒屋へ足を運ぶ。ちょっとしたイザコザでマスターと喧嘩してから早一年、なんとなく足が向いた。相変わらず大盛況のようだ。

ここへ来ると嫌なことを思い出しそうで来たくなかったけど、この昭和の雰囲気の居酒屋が大好きだ。

マスターとも仲直りして、昨日は久々に飲みすぎた。



ふと、その昔世話になった不動産業界での先輩の動向が気になった。その先輩のかつての上司の方と店を立ち上げたのだが、その先輩の顔写真がそのホムペから突如として消えたのだ。

約8年ぶりにメールを送信・・・・・・・・・・



すぐに返事が返ってくる。今は不動産業をやめてかつてのアパレル業界へ戻ったようだ。うちに案件がもっとあれば金を払ってでも雇いたい方だ。実力は申し分ない。

その昔、この先輩が所長を務める不動産会社に就職した。20代のころかな。



新規店舗のオープニングメンバーとして入社した。それまで勤務していた事業再生会社を強制解雇され(その後、その事業再生会社は不正を繰り返し社長が逮捕されたので神様が私を救ってくれたと今は感謝している)、捨てる神あれば拾う神ありという言葉が初めて体感できた時でもある。

一念発起して一生懸命に頑張ったのだけれど、営業所自体の数字が振るわずして一年半程度で閉鎖となった。



そのまま私も解雇され、しばらく路頭に迷ったっけ。私の解雇を最後まで反対してくれたのは、この先輩だ。最後の出勤の日、私の送別会を開いてくれたのはこの先輩だ。

私を解雇したその上の何もできない上司はこなかった。涙ながらに私ごときに解雇を防ぎきれなかったことを謝罪してくださった。



悲しくて嬉しくて、ホッとして、涙を流すことすらできなかった。 俺が偉そうに言えることじゃないけど、久々に人間に出会った気がした。



いつか、この方と一緒に仕事がしたい。そう思う。



事業再生コンサルタントとして、男として、こんなに甘くちゃダメなんだけど、人にしていただいた親切を忘れるほど愚かじゃない。



支援先の社長さんから電話が入る。資金繰りが窮地に立たされているとのことだ。決済資金が足りない。



当社は事業再生会社だ、しかしながら一つだけお力になれないことがある。もうお気づきだろう、当社からお金を貸すことだ。当社で指導する資金繰りを徹底して頂かないとこうなってしまう。



ただ、運の強さに定評のある社長さんだ、なんとか乗り切るだろう。 当社は支援先と地獄まで付き合う覚悟だ。



夏の終わりが嫌い、と海を眺めながら恋人につぶやく昭和の女優がなつかしい笑。日本テレビの24時間テレビが始まると夏休みはもう終わりだと残念な気持ちになっていたころが懐かしい。

8月はお盆休みや花火大会、盆踊りなどがあって楽しい季節だ。夏の終わりをさみしいと感じるのは現実を見なければならないという覚悟でもある。



当社の新規面談も秋が一番、多い。さあ、会社の資金繰りをもう一回見つめなおして、一緒にがんばりましょう。







代表取締役 野呂一哉
カバー/銀行から融資.jpgyjimage[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
前の10件 | - 中小企業悩み相談 ブログトップ